人は星をはじめ さまざまなネットワークのなかで影響しあい生きる生命体です。 このブログでは、占星術とヒーリングセッション、イベントやワークショップ情報、個人的な日記を書いています。

(tel) 080-3974-8463 横浜市港北区
ボランティアと神社参りのお正月
今年のお正月は、炊き出しボランティのみなさまとはじまりました。 
お雑煮作りで白菜刻んでます。



炊き出しの後、雪が舞う中 鹿児島神社へ初詣
地元の人たちに愛されているホッコリした小さな神社です。



大吉を引いてご満悦なわたし 神社の帰り道
大吉 (/^▽^)/わあいっ. ワーイ♪♪ 
















年末 霧島神宮大祓いの儀
霧島神宮の大祓いの儀(おおはらいのぎ)に行ってきました。 直前まで大雨で雹(ひょう)は降るし雷は鳴るしで、まるで大祓いにむけて天空の浄化作業のようでしたが、儀式のときだけ1時間ほど晴れて青空がのぞきました。 今日はホントに霧島の神様はすごいと再認識しました!



これは大祓いに使う「きりぐさ」です。 これでパラパラ っとはらって、人形(ひとがた)に入念に穢れ(けがれ)を転写して清めます。


お祓いが終わるとお神酒をいただいて帰ります。お皿も特 注の瓦(かわらけ)です。 由緒正しき雰囲気満載
最後に社殿に向かい「今年の感謝と来年もよろしくお願いします」とご挨拶して、神様とつながれたと思うときに感じるフツフツと湧き上がるような嬉しさを感じて胸が熱くなりました。


大祓いの前に、新燃岳のふもとにある新湯温泉にもはいってきました。 イオウのパワーで穢れを強力にクリーンアップ
霧島の土地は特別な聖地ですが、普段の生活から1時間半くらいでアクセスできる今の暮らしの豊かさに改めて感謝いたしました。

 










霧島連山最高峰 韓国岳(からくにだけ)に登ってきました!
7月21日10時 韓国岳(からくにだけ)登頂開始! 
お友達の犬のシロも一緒に登ります。


あと少しで頂上、わたしは結構ギリギリ、ゼイゼイいってます。 


先に着いたロンドンとシロ。


スタートから1時間50分でやっと頂上! 韓国岳1700m 制覇しましたぁ! 
シロと4人で記念撮影


韓国岳の火口を見下ろしています。 
足の下は断崖絶壁で落ちたら確実にまずい深さです。


韓国岳頂上からの眺め、この間爆発した新燃岳の火口と奥に高千穂峰がうっすら見えます。


御浪池も見えます。


頂上でまったりする2人と一匹


下山の途中でたくさん飛んでいたアサギマダラです。


この後、もはや定番になっている新湯温泉で疲れをいやし帰路に。

10年位前はじめて観光で鹿児島に来たときに1人で高千穂登山に挑戦したことがあります。 残念なことに、普通のスニーカーで靴が脱げそうになるというハプニングのため途中で引き返すことになりました。 中途挫折という事件以来、長くくすぶっていたコンプレックスですが、今回 高千穂峰より高い韓国岳を制覇できたことでスッキリ晴れました。 やった!

秋には高千穂峰に再挑戦の予定です。 きっと今度は大丈夫。










霧島国立公園 お池巡りトレッキングいってきました。
25日の日曜日、霧島えびの高原まで足をのばしてお池巡りトレッキングコースを歩いてきました。 霧島は高千穂があるせいか、いつ行っても聖地な感じで下界とは別格の場所です。 さすが日本で最初の国立公園。

霧島の5月といえばミヤマキリシマ、満開でした。


ツルキジムシロ(たぶんキンポウゲの親戚)もたくさん咲いていました。 とてもかわいい黄色い花です。



白鳥山にアプローチ中、お友達の愛犬シロも一緒に登っています。


白鳥山山頂!


てつろうさんが山頂で豆を挽いてコーヒーをいれてくれています。


甑岳と六観音御池


白鳥山展望台でなごむみなさま



コース最後のポイント不動池です。 3時間半のトレッキングで白鳥山→白紫池→六観音御池→不動池の山1つと池3つ制覇しました。


不動池の前で自分撮りしてみました。


霧島トレッキングの後は定番になりつつある、新湯温泉のにごり湯、最近 爆発した新燃岳のふもとなのであたりはイオウの臭気がたちこめています。 この温泉、今までに硫化水素で死亡事故が2回も起きたほどすごい場所にあります。 ある意味命がけな分、すごく効きます。

 










for 2014年 門松作り
鹿児島では関東風の門松の輪飾りが手に入らないので毎年手作りしています。 
今年は、ユズリ葉とウラジロの新鮮なものが手に入りました。


御幣パートの完成です。


これで片方は完成


玄関に飾って完成!!

 










太陽光発電システムの自作


この写真はお友達から100Wのパネルのシステムを借りて、野外イベントに参加したときの写真です。 このシステムでノートパソコンを動かしています。 このときから太陽光発電のクリーンさや静さに感動して、自分でシステムをつくってみようと思いはじめました。

わたしが自分で作ったシステムは、野外でノートパソコンを動かすことが目的なのでパネルは50W、バッテリーは12Ahと小さめです。 日常でLED照明やデイヴァイスの充電に使うような場合は、もっと大きな電池100Ah以上とか100W以上のパネルのシステムをおすすめします。 わたしのシステムのパーツは、ソーラーケーブル以外 全部アマゾンで買えて、かかった費用は約18,000円くらいでした。 

組み立て方とかバッテリーの種類、注意事項とか、主にこのページ↓を参考にしました。
http://www.solar-make.com/off-grid-solar/overview-of-1thousand-yen-solar/329/
その他、自作の人たちのページのまとめ
http://matome.naver.jp/odai/2133574236158766701

いろいろ細かい部分、パネルとケーブルをつなぐとか基本的な部分で最初うまくケーブルつなげられてなかったとか、とにかく配線はハンダ付けした方がいいとか、すでに自作されている方たちにもお世話になりました。 セットアップはいろいろ面倒なことがあるので、まずは基本からキチンとしたい人は自作を教えてくれるワークショップという手もあります。 

(左)ベランダに50Wのパネルを設置してテストしているところ、太陽光発電は太陽のエネルギーを毎日育てて収穫しているような気分でなかなか楽しいです。


(右)バッテリー、チャージコントローラーなどセットアップしたところ


50Wのパネル(67×52cm) 8,000円 、 12Ahのシールドタイプのバッテリー 2,600円、 10Ahのチャージコントローラ 1,400円、 単口のシガーソケット 700円


12Ahのシールドタイプのバッテリー、 10Aのチャージコントローラ、 シガーソケット


シガーソケットをノートパソコンの電源として使えるアダプター 2,700円、 シガーソケット


ソーラーパネル用ケーブル 1mで150円  (わたしのシステムでは6m 購入しました)


配線コード 黒・赤 AV2.00sq--5m  2色で 800円くらい


 










ウミガメ産卵見学ツアー
スーパームーンの満月でウミガメの産卵が見れるのではと吹上浜にいってきました。





時間が早かったのか、ウミガメの足跡と産卵跡だけしか見れませんでした。



ウミガメの足跡でも初めてだったので見れて良かったです。



その後、2キロくらい浜を往復してきました。











霧島は遊べる!
17日に霧島連山の大浪池(おなみいけ)に登ってきました。 最初の昇り40分わたしには結構キツかったですが、大浪池の頂上についたら、池からの韓国岳( からくにだけ)の眺望、はるか桜島まで見通せる絶景と下界と一線を引いた異次元空間にいやされました。


(↑)大浪池から韓国岳


(↑)霧島の市街地と左手にかすかに桜島が見えます





霧島連山は、どれも2千メートルに満たない山で、中腹にカルデラ湖があったり、新燃岳のような現役活火山があったり、神さまの降りてきたという高千穂もありと、登りやすいし景色や動植物のバリエーションが楽しい山です。鹿児島市内からも車で1時間半くらい休日でも渋滞に巻き込まれるなんてことは滅多になく行けて、とっても便利です。


(↑)新燃岳、最近は噴火は収束していますが、この写真を撮っているポイントからはあたり一面イオウの臭いがたちこめています。


(↑)写真に写りませんでしたが、黄色いイオウから硫化水素がモクモク出ているいわゆる地獄です。


(↑)今まで2度も硫化水素で死者がでているという、ある意味命がけな新湯温泉。イオウの火のエッセンスが登山の疲れを吹き飛ばしてくれるパワフルな温泉でした。



(↑)嘉例川駅(かれいがわえき)です。昔のままのたたずまいをガンバって残していて近所の人たちのセンスの良さと努力を感じます。




(↑)映画のシーンに出てくるみたいな線路です。はやとの風というレトロな観光電車が在来線に混じってときどき通ります。

霧島高原は なにやら大きな神さまの気配を感じるし、自然のスケールが半端ない遊び場だとあらためて気がつきました。夏から秋にかけて、月イチくらいで山に遊びに行こうという「月イチ山部」(つきいちやまぶ)ができました。 鹿児島でお近くの方は、一緒に遊びに行きましょう!










その人の見る現実は、その人による!
 昨日、今日と、ハワイのお友達とスカイプで話す機会がありました。 彼女はDNA的には、生粋の日本人ですが、米国の組織で働いていたり、米国人の夫がいたりとかなりの割合米国人っていう人です。

 その人と話していて、わたしが現在の日本の状況、たとえば原発の再稼動や新規建設の話がバンバン出ていて違和感を感じるとか、日本の政策は間違うと戦争に踏み出すんじゃないかとか、憲法9条の改正には賛成できないとかいう話をしました

 彼女の反応は、わたしの結構 否定的な展望に真逆のコメントで、100%権威に対する信頼感にもとずいたものでした。 

 それを聞いて、わたし的にはどんな家庭で育ったら彼女みたいなポジティブに日本政府を信頼できるんだろうって(正直)思ったわけです。 確かに彼女は、わたしと比べものにならないくらい、お父さんに対する信頼がとっても強い人でしたが・・。

 まぁ、彼女のコメントは権威に対するゆるぎない信頼感から発せられているもので、スピーディの情報が開示されなくて被爆したとか、権威(政治の偉い人)に裏切られた気持ちバリバリのわたしとは全くちがった視点から発せられているのでした・・。

 ここで言いたいのは、彼女が真実を知らないからだとか、悲惨さを経験していないからだとか そおいう話じゃなくて。 世界にはわたしが見ている現実と全く違う現実を見ている人もいるっていうことなんです。

 その事実に、ちょっとわたしの見ている現実の認識が揺らいだわけで、彼女とわたしどっちが正しいってことじゃなくて、両方、それぞれその人にとって真実なんだろうと思ったわけです!

 わたしが、政府のこおいう言動に引っかかるんだよね、何か言わないと気がすまないというと、彼女はわたしはそおいうところは気にならないんだよねと言うんです。

 彼女はすごく親しい友人で、わたしが彼女のことを尊敬しているので、 彼女の話はわたしの心を開かせるんだけど、「へぇ・・、そう感じる人もいるんだ」と正直に思ったわけなんです。

 じゃ、わたしが見ている現実って何っ?、ていう話になるんだけど、わたしの見ている現実はわたしオリジナルのユニークなものでしかなくて、多少の共感を集めることはあるかもしれないけど、わたしと違う人もいて、世界はそれでもなりたっていて、壊滅することもなくまわってゆくものだという真実。

 こおいう話、頭では嫌というほどわかっているのに、いつも迷子になるトピックスであります。

 人によって、その人の見ている現実は全く違うのだという事実。 そして、それはそれで問題はなく、 大切なのは、その多様性が存在することを何の問題もなく許容できることと、違いを攻撃するとかではなく そのままにしておける器の大きさと安定感、そして相手の現実を理解しようと心を開くことが、現代を生きる技なのだということです。

 自分の見ている現実だけを唯一絶対のものと見ないこと、違うことと多様性に常に心を開ける柔軟さを失わないこと、違う相手を理解しようとすること、今更ながら大切と思ったのでした。













アニメ xxxHOLiC (ホリック)
 最近、日本のポップカルチャーに造詣が深くなっておりまして、日本のドラマやアニメって結構深い真実を描いていてすごいです。

 そんな中で見つけた、"xxxHOLiC(ホリック)"って、これがまたなかなか深い。主人公は幽霊とかもののけとか妖怪とか怪しいものが普通に見えちゃう少年なんですが、両親が事故で死んでしまっていて、一人で暮らしながら学校に通っているっていう普通じゃない生い立ちの男の子。

 この子が、ある日、不思議世界の願いを叶えてくれるミセに迷い込んで、そこの女主人(次元の魔女)に怪しいものが見えなくなるようにして欲しいと相談するって話なんだけど、願いを叶えるには対価がかなり高くて、それを支払うために、このミセの家政婦みたいになってバイトするって話。

 その結果、いろいろな不思議な経験をすることになり、気が付いたら自然と大人になっていて怪しいものが大丈夫になってゆく。 日本版ユング派のセラピーみたいだ・・まるでレッドブック

 すぐに問題を魔法で解決したりしないのが、リアルっぽくていいわぁ。 しかも、対価が高いってバイトさせるとことかも、世の多くの人は魔法とかヒーリングに対価を支払うこと、努力したり、時間をかけるのを嫌う人が多いなか、この話は半強制的ではあるけれど、しっかり時間をかけて自然な成長を待ったり支えたりするのってホントっぽくて実にいい。

 高校生だった彼が成長して学校卒業するころには、師匠だった女主人は時間の流れのなかに姿を消して去ってゆくんだけど、これも教え子が成長したら自分のポジションのその子にゆずって自立させて、自分は次のステップにゆくって、とっても道理にかなってる。

 ミセの女主人のセリフ 「ここは、この場所は、願いを叶える店 自分で願いを叶えることができる人は、入ってくることも、視ることもできない…。 」 ますます、セラピーとかヒーリングの世界の話。

 テーマは魔術とか夢違いとか結界とかキツネとか怪しい世界も描いてるけど、不思議世界を探求する基本的ルールとか結構正しい。

 ベースの話は少年が術に熟達したマスターと過ごして経験を積むとか、友達や出合う人や存在に助けられて成長してゆく過程を描くストーリー。 至極まっとうで普遍的なお話です。 こおいうの普通にテレビで放送してるのって、日本のポップカルチャーってやっぱりすごいなぁ。


アニメが映像になってるのは、

xxxHOLiC

全24話


xxxHOLiC◆継


全13話


xxxHOLiC春夢記(OVA)


前編、後編(全2話)


xxxHOLiC・籠 〜XXXホリック・ロウ〜(OVA)


全1話


xxxHOLiC・籠 あだゆめ(OVA)


全1話


現在、WOWWOWで実写版のドラマが始まったみたいですが、アニメの方が世界感がでてて面白いと思う。興味あったら捜してみてね。














サイト2次元バーコード
qrcode