人は星をはじめ さまざまなネットワークのなかで影響しあい生きる生命体です。 このブログでは、占星術とヒーリングセッション、イベントやワークショップ情報、個人的な日記を書いています。

(tel) 080-3974-8463 横浜市港北区
<< 4回連続する月蝕(Tetrad: テトラッド) | main | 今度の冬至は特別だ! >>
土星がサインを変えるとき
衆議院が解散して総選挙が決まりました。  星回りに連動しているかのように、土星が来月 射手座に移動しようとしています。 奇しくも、2009年、2012年にも土星が星座を変えたとき政治に変化がありました。 

占星術における土星は権威のシンボル、為政者や権力者をあらわす天体です。
来月もまた、土星が星座を変えるという時期に、解散総選挙が重なる!!!

・2009年から2012年まで土星が天秤座にいたときは自民党が権力の座から滑り落ち民主党が与党に
・2012年から今年の12月まで土星が蠍座にいたときは自民党が政権を復活、蠍座の土星っぽく影で権力が行使され、ずいぶんいろいろ暗い方向へ日本が傾きました。
・来月から2017年いっぱいまでは土星は射手座を運行します。

土星が射手座を運行するって、やぎ座の冥王星とあんまり仲が良くない配置になる+土星が射手座に入ったとたん魚座にいる海王星と90度の位置関係になるので、権威に対する徹底的な反抗が起きるっていう星回りになります。 自民党にとってはここ2年のやりたい放題は一時打ち止め的な雰囲気になるんじゃないかなぁ・・・。

この間の沖縄の選挙では、知事も市長も自民党が負けたけど、それに近い逆風吹くんじゃないだろうかと思うのです。
・・・というか、自民党に逆風吹いてもらって原子力発電所の再稼動とか基地の誘致とか見直し図れるといいんだけれど。

今回の星回りで、射手座を運行する土星はレジスタンスと戦う為政者という象徴。
たたく方も真剣になるから、たたかれる方も日本だけじゃなくて世界中で命がけの反抗とかテロとかますます激しくなるかも、新しい時代が開けるレジスタンスになるよう祈ります。

 











サイト2次元バーコード
qrcode