人は星をはじめ さまざまなネットワークのなかで影響しあい生きる生命体です。 このブログでは、占星術とヒーリングセッション、イベントやワークショップ情報、個人的な日記を書いています。

(tel) 080-3974-8463 横浜市港北区
<< 方向性を変えてゆく時期 | main | 変化が具体的に表出してくる時期 >>
今日は秋分で、お彼岸のお中日
23日は秋分の日でお彼岸のお中日です。 春と秋の彼岸は、仏教徒的には先祖のお墓参りにいったりする時期で、あの世とこの世の境目が薄くなり見えない世界が日常に入り込んでくる不思議な感覚があります。

また、昼と夜の長さが同じになり、西洋占星術の7番目のサイン天秤座が始まる日でもあります。

天秤座は、春分から始まったプロセスのちょうど折り返し地点で、ものごとが実りを迎える時期の始まりです。

23日をはさんで前後3日間が秋の彼岸といわれる時期になりますが、今年の彼岸は8月半ばからの活発なプロセスに何らかのはっきりとした答えがでて、流れの潮目がくっきりと変わる感じが普通の年より強いです。

夏と秋を分ける1週間、まさに字のごとく秋分の日です。




今日の太陽は、メジャーな惑星と手をつないでいないので、具体的な事象としての変化はまだ起こりません。 

27日、彼岸が明けた次の日に太陽と月を巻き込んだ十字架(グランドクロス)ができるので、はっきりくっきり変化がわかりやすい形になってきます。 しかも、この日は結構ドラステックな日なので、変化は大きく急激に変わります。















サイト2次元バーコード
qrcode