人は星をはじめ さまざまなネットワークのなかで生きる生命体です。 このブログでは、占星術の記事とイベントやワークショップ情報、個人的な日記を書いています。

※個人相談、占星術講座など連絡先→ (tel) 080-3974-8463 横浜市港北区
<< 海王星うお座時代 | main | 占星術で読み解く時事ニュース vol.2 >>
10月で鹿児島を引き払うことにしました。
10月で鹿児島を引き払い横浜に帰ります。しかしながら、市内の銭湯がほぼ温泉、食材が超美味しい、人々の優しさとかには、依然 後ろ髪ひかれています。

引越しをする一番の理由は、学校が東京に決まったので毎月通わなければならないコストが大変、そしてたまたま横浜に帰れる空き家があるので勉強のためです。

最後に背中を押したのは、今住んでいるビルに入れ墨屋が入って出入りする人のガラが悪くなったことと、7月にF15戦闘機が鹿児島の新幹線の駅の上をこれ見よがしに飛んだことです。

このビルのオーナーはお金のためなら入れ墨屋だろうが入居を許して他の住人はどうなってもいいという方針なのにホントにガッカリ。越して来た当初のオーナーと変わってしまって雰囲気が一変してしまった結果です。

また、鹿児島は海軍発祥の地ということか、首都圏に比べてマッチョな人が多く突然おじいさんやおじさんに怒鳴られたり怒られたり(オジさんオジイさん側には気に入らない理由があるのかもしれないけど。。女は黙っていろとか)意味がわからない扱いを受けヘキヘキしておりました。

こんなこと関東に居たときは経験したことありません。失礼だわプンプン!この地に居ると失礼だわとさえ思えなくなりそうでそおいう雰囲気がものすごく嫌です。

また、鹿児島湾とかに突然 潜水艦とか護衛艦とかが浮いているのに、住人はそれにまったく違和感を覚えないところが本当にマズイ(潜水艦、護衛艦だぜ凄いだろウェィみたいなノリは有り得ないと)と思ったからです。

たとえば同じ新幹線の駅である東京駅の真上をF15戦闘機が航空ショーとはいえ爆走したら首都圏では大問題になりますし、横浜港に潜水艦や護衛艦が予告もなしに浮いていたら、これも同じように大変な騒ぎになります。要は田舎だからって大丈夫だろうと馬鹿にされているんだと思います。

311の後ここで過ごした6年間は夢のように楽しいこと、美味しいご飯、すごく寛容で優しい人々(昔の日本では当たり前だっただろうこと)など関東では経験できなかった日本を経験できたことは大変満足しています。

都会から来たよそ者のわたしを暖かく接していただいたみなさま本当にありがとうございます。また、このような鹿児島の豊かさは簡単に失われてしまうものであることも同時にお伝えしておきたいと思います。

この貴重な環境を残し都会が犯した間違いを繰り返す事なく、より理想的な方向に発展するために、どうぞいろいろ考えて選択(政治家やさまざまなリーダーを選ぶ時)をしてください。