人は星をはじめ さまざまなネットワークのなかで生きる生命体です。 このブログでは、占星術とヒーリングセッション、イベントやワークショップ情報、個人的な日記を書いています。

(tel) 080-3974-8463 横浜市港北区
<< 屋久島旅行記 | main | 2/26 日蝕について >>
トランプ大統領就任式

2017年1月20日 午前11時半(現地時間)にトランプ大統領が誕生しました。今日21日のニュースでは、さっそくオバマケア廃止の大統領令に署名とかすごいニュースが報道されています。

占星術的には、孤立する水瓶座1度の太陽 太陽 がチャートの高い位置にあって最初に目に入ってきます。これはこの政権が「新時代(水瓶座時代)への革命と変化」で暴走するということです しかも水瓶座の1度は”その思想があまねく全世界に拡がってゆく”という度数、今までのもしかしたら昔の繁栄に戻れるかもしれないという淡い期待はこれで完全に終わった感じがします。 皮肉ですが、トランプさんの Make America Great Again! の少なくとも「アゲイン」っていうのはないなぁと思います。。 

次に気になるのは、冥王星冥王星、木星木星、天王星天王星の激しい配置(Tスクエア)ですが、これは今まで少なくとも200年くらいの期間をかけて出来上がって来た世界のシステムが激しく壊れて再構築されるような状況が、更にガンガン加速するだろうという天体配置。 また、土星土星、火星火星90度や土星土星、金星金星90度などは、今までのシステムを止める、関わっていた人を切ってゆくなどいわゆる革命にともなう粛清を表していて、この星回りもなかなかすごい配置です。

終わってゆくものもありますが、土星土星、天王星天王星120度は替わりに新しいものも生まれて来ますという意匠で、前述の木星木星、天王星天王星が壊すと同時に作り直しますという流れになります。

また、月月、水星水星、海王星海王星で2等辺三角形ができています、これはこの政権の実務能力は非常に高くパワフルでもあることを表しています。世間では、トランプ政権に否定的な意見も沢山あるようですが、彼の当選は歴史の必然という感じがします。そして、この政権はもうすぐやってくるアメリカの冥王星回帰(建国図の冥王星の位置にリアルに天空を移動中の冥王星が重なってくること:米国の「破壊と再生」のプロセス)への伏線であろうと思います。

ここまで来たら、トランプさんには人類の歴史をできるだけ理想的な方向(再生のための破壊)へ進めるように頑張っていただきたいです。 また、そのうち、日本も米国の影響をうけて大きな変化の波をかぶることになると思うので、それまでにまともな選択のできる国になっていてもらいたい!と強く願います。