人は星をはじめ さまざまなネットワークのなかで生きる生命体です。 このブログでは、占星術とヒーリングセッション、イベントやワークショップ情報、個人的な日記を書いています。

(tel) 080-3974-8463 横浜市港北区
<< トランプさんってどんな人? アメリカはなぜ彼を選んだ? | main | トランプ大統領就任式 >>
屋久島旅行記

25日から屋久島行ってきました。

屋久島到着 宮之浦岳です。

 

朝のスタートは、益救神社(やくじんじゃ)にお参りして山の神さまにご挨拶

正面が宮之浦港、背中に宮之浦岳を背負い、奥の宮は宮之浦岳というからご神体は屋久島の山全体という神さまです。

ちょうど結婚式で黒留袖のお着物の方たちが美しい地方の伝統的な風景なのかなぁ はじめて見る景色。

縁起は1100年前 醍醐天皇の時代までさかのぼれる由緒正しき神社です。

 

白谷雲水峡のくぐり杉くぐってます 願いが叶うんだそうな

3時間かけて登った太鼓岩でしたが、あいにくの濃霧 何も見えずかわりに異次元のドアが開いてしまったような不思議なスポットになっておりました。 ちょっと怖かったので早々に引き返すことに。 良くも悪くも屋久島は水のエネルギーの強い場所 目に見えないアストラスの入口も上から下までパワースポット的なところには開いている感じです。
 わたしは火のエネルギーのほとんどない土地は苦手ですかねぇ。今回はお天気も悪くて太陽のパワー不足だったし。 島に降り立ってから聞く話は墓と家の話ばかり、今回アプローチした方角が悪かったかも、仕事で屋久島行けるで盛り上がり欲張っちゃったようです。 山登ってても厳しい山で屋久杉を切りだしていた昔の人たちの大変さばかり気になってしかたありませんでした。ちょっとヤバかった。 早く桜島の見える家に帰りたいと思ってしまった。。わたしには火山のある霧島連山があってますね。 

ネタですが、一緒に登ってきた韓国人の女の子たちがポケモンのアプリを立ち上げたところ太鼓岩の上にもポケモンは居ました! なんか現実では濃霧で何も見えないのにバーチャルな世界ではモンスターが!こんな場所にまで なぜ? シュールな感じでしたが、現実で写真撮っても面白いものは何も写らないので、P-Goのスクリーンショットを記念に撮ってみることに。

一応、太鼓岩踏破の目標達成でピース! 結構ヨレヨレです。

 

気を取り直して、いなか浜 うみがめ上陸北半球一 日本の美しい浜辺17選にはいっているらしい。 確かに美しい浜辺です。

花崗岩のかけらからできている美しい砂浜です。ところにより水晶の気配も

 

西部林道という一車線のみの林道ではお約束のヤクジカとヤクザルの群れに出会いました。 この子は若い雄、まだ角が小さい 鹿もサルもヒナビタ感じの種類です。 日光のサル軍団とかみたいに狂暴そうな子はいません。 鹿も小ぶりで角も小さく全体に地味で大人しいです。 この島は本来 地味な島なんだと思います。 

 

大川の滝(おおこのたき)です。 これはさすがに水の島 立派です。 もう少し先のモツチョム岳という山では山のほぼ中腹から滝が流れ落ちていてすごい景色でした。 やっと観光らしい雰囲気になってきました。 

この後、そらうみで超美味しいフルーツジェラートを頂き、お友達に頼まれたマムズキッチンの塩クッキーを買い帰路に、なかなかシュールな旅でした。