人は星をはじめ さまざまなネットワークのなかで影響しあい生きる生命体です。 このブログでは、占星術とヒーリングセッション、イベントやワークショップ情報、個人的な日記を書いています。

(tel) 080-3974-8463 鹿児島市鴨池
<< 天孫降臨の高千穂へ | main | やっぱり、逃避はなんら問題の解決にならない。 >>
こころを折るもの
先週末から夏至にかけて、自分で企画したファミリーコンステレーションワークショップや知事選挙の脱原発候補の応援で、忙しいながらやる気満々って感じでした。そして大成功とまではいかないにしてもそれなりに良い結果をだしていました。

しかしながら、そんななかで自分で自分のやる気に水をかけ、自分で自分のこころを折る癖があるってことに気がついたんです。

わたしの家族(全員東日本に住んでる)、3人のうち2人は、バリバリの原発容認派で、いわゆる保守派という人たちです。

かつて、彼らをわたしが説得できる素材といえば、比較的安定した企業に勤務しているということと、わたしの年収だけでした。それも今では、企業の後ろ盾はなく、年収も当時の3分の1以下ですから、現在では彼らに一人前と認識してもらえるものをわたしは何ひとつ持っていないことになります。

そんなわたしではありますが、根拠のない自信とやる気だけで、ここ数年をのりきってきています。そんなわたしの悪い癖は、つい自分のやる気を認めて欲しいらしく家族にひんぱんに自分の近況報告をしてしまうことです。そして結果はいつも、こころが折れるような気分にさせられるのです。

最近も鹿児島県知事候補で脱原発派の向原(むこはら)さんの応援でチラシ配りやポスター貼りをやっているんだと自慢げに電話したときの彼らの言葉。「ボランティアなんて自分の頭のハエがおえるようになってからしなさい」、 「京大の人は、共産党系の人が多いから、いつ共産党にかわるかわからないから注意しなさい」、「その人が当選したからってあまり期待しないことね」というコメントでした・・。ガ〜ン!! 

家族の彼らがどんな人か、わたしはよく知っているんです。団塊世代で学生時代には学生運動で学校が休校になった世代の人たち。ある程度・・というか、今の世の中では、いわゆる勝ち組って言われる人たちです。しかも、強運の持ち主で、311の地震のときには25分前に日本を離陸してトルコに旅立っていったような人たち。放射能のかかっている野菜や土壌にも、毎日揺れる大地にも全然平気な強靭な人たちです。

よく言うセリフも、保守的な政治家と同じようなこと言います。たとえば、「全部の情報を開示しても国民が混乱するだけ」とか「自分たちは後先短いから今の日本がどんなに混乱してても関係ない」とか・・。あぁぁ、トホホな人たちです。

まぁ、わたしの現在の幸運も彼らの成功の土台のうえに築かれているのは、間違いないのではありますが、それにしても彼らと話すといちいち、こころが折れる。

最近、あらためて、だったら、なんでそんなに自分の近況報告するんだろうと考えたんです。

それは、なぜかなぁ・・といえば、彼らが結局好きだからということと、自分が今やっている、彼らからみればかなり無謀な賭けを(徒労に終わるかもしれないチャレンジ)を、それをあえてしている意義をみとめて欲しいって強く思うからなんです。まぁ甘えってやつですかね・・。

要は、精神的後ろ盾が欲しいんです。でも、それは彼らからは手にはいらない・・。
わたしには、手にはいらないとわかると、余計に欲しくなる悪循環にはまる悪い癖があるんです。ガ〜ン!! 

だから自己矛盾しちゃうし、自分の自信にに宇宙の果てまで貫くような力強さがないんです!!

わたしの弱さは、自分の現在生きて実在している家族のメンバーで何があってもわたしを認めてくれる後ろ盾的な人物をもっていないってことなんです。

しかし、自分の家族のせいにしてばかりもいられません。なぜなら、わたしはもう思いっきり大人です。

そこで、つい最近経験したファミリーコンステレーションセラピー的見地から、今の自分を考察してみて、現家族、生きてる人に後ろ盾がいなくても、わたしの祖先、もうすでに死んでしまってはいるけれど、わたしの血のなかに流れるDNA的には、どうなんだろうって思ったんです!!

そこから、わたしの後ろ盾、後ろ盾になってくれる祖先はいなかったのかと検索してみた結果、なんとなく根拠はないのですが、後ろ盾パーソンがいたらしいことがわかったんです!! 変な話ですが・・。

よって、自分は悪い癖をやめて、自分のこころを折る人たちに頼らないで、自分の中の血に頼ろうと思ったんです。こおいう理論飛躍に慣れてない方には、ぶっ飛んでる話しで恐縮です。でも、なんとなく大丈夫って思えたので、そおいうことにすることにします。

たぶんわたしがこの後ろ盾の血ともっと強くつながって、もっと頼ることができるようになったら、自然と悪い癖もなくなるでしょう。結局、今わたしがつくっている現実は、わたしがわたし自身の一部分(自分で自分を認めないところ)を自分の現家族に投影(かぶせているだけ)しているだけなのですから。

よ〜し、わたしは自分の血のなかに流れる、わたしの強い後ろ盾パワーにつながるぞぉ!! 自分自身を頼りにするんだぁ!!

そうこうしているうちに、ここ数日、確実に力強いものを自分のなかに感じられるようになってきたから、あら不思議です。

人の人生を開く鍵は、究極には根拠のない自信と行動力だと思います。
やっと元気になってきました。













サイト2次元バーコード
qrcode