人は星をはじめ さまざまなネットワークのなかで生きる生命体です。 このブログでは、占星術とヒーリングセッション、イベントやワークショップ情報、個人的な日記を書いています。

(tel) 080-3974-8463 横浜市港北区
<< 1月24日 水瓶座の満月 | main | 日向国(ひゅうがのくに)の江田神社と宮崎神宮 >>
3/9日蝕と3/20春分
さぁ いよいよ春です。西洋占星術の世界では3月は1年のはじまり、お正月(春分)がくる月です。自然界でも生き物が目覚めて活動的になる季節、うちのメダカたちも元気に泳ぎ回るようになりました。真冬の1月1日よりカラダも気持ちも納得の1年のスタートです。

しかもここ半年の厳しい星回りをくぐり抜けての新しい1年のスタートなので、春の喜びひとしおです。

今年は3月に日蝕もあるので、まず日蝕図(↓)のリーディングから。 この日蝕は次の9月1日までの約半年間影響をおよぼします。 9日の日蝕は2012年から4年ぶりで日本で観測できる蝕です。蝕を観測できる場所に住んでいる人たちは他の人たちより蝕の影響を強く受けるといいますが、昨年、日蝕、月蝕をバッチリ観測できたヨーロッパ、アラビア、アフリカ、アメリカの人たちは、関係諸国が権力の覇権をめぐって戦争ギリギリ(※去年の春分の記事)の大変な年になりました。



さて今年の前半の日本はどんな年になるのでしょう。日蝕図では、魚座19度で新月(日蝕)その真正面に乙女座の木星(木星)、山羊座の冥王星(冥王星)がこのラインに調和的な位置から関わります【ピンクの三角形】  また、同じ魚座、乙女座のラインに射手座の土星(土星)が厳しく”NO”というような90度の位置にいます【ブルーの直角三角形】

一昨年、昨年と続いた月蝕4回連続を経ての日蝕なので、この3月は次の新時代20年くらいの始まり感が半端ないです【緑の線:射手座の土星(土星)と牡羊座の天王星(天王星)でトライン(120度配置)】 

ここ何年かの大きな変化の流れ(※水瓶座時代への完全移行)は今年もゆるぎなくズンズン進みます【濃いブルーの線:山羊座の冥王星(冥王星)と牡羊座の天王星(天王星)でスクエア(90度配置)】 これはお金をふくむエネルギーの流れが着々とシフトしつつある姿で、既存の貨幣システムを介さない新しい小さな流れが世界中でできつつあります。 ※水瓶座時代については次の記事で書きます。

でも、今年はこのいまだ形になってない大きな流れを堰きとめるような事象も起こってきそうです。 明かなところでは既存の貨幣経済の停滞です。 個人の生活ではやる気満々なのに何かをしようとすると厳しいダメだしに出会うとか、健康問題で道をはばまれるとか、人によってバリエーションは色々ですがちょっとした障害が立ちはだかりやすいようです。「お互いに合い入れることが全くない不毛な関係性に邪魔される」ような案件が増えますが、メゲないで信じる道を進むがドアを開くキーでしょうか。。

今年の後半9月以降ではまたテロっぽい危うい感じがもどって来ちゃうけど、一応前半は大丈夫かと(日本では)。。

こんな流れがベースにあって、小さなことから大きな事までいろいろなドラマがありそうです。



そして20日の春分図(↓)ですが、これが占星術のお正月です。 自然界的1年の始まりで今年1年全体を占うチャートです。


東京ではチャートの一番上の位置に牡羊座の天王星(天王星)があり9ハウスを運行中、9ハウスに関係する事柄(いろいろありますが、たぶん今年の日本では憲法です)にまつわる変革が目立つ1年になります。しかもこの天王星は獅子座の月(月)、射手座の土星(土星)と火のサインのグランドトライン【ピンクの正三角形】の頂点に立っています。この変革は熱い思いをもった人たちによって情熱的に突き動かされることを表しています。 この三角形に出生図の星が絡む人は、春分くらいから「物事にむかう気力が充実してくる」ようになります。

東の地平線は獅子座からはじまり支配星の太陽は9ハウス、その場を仕切るリーダーは誰かって話からはじまって誰が新しい大儀を打ち出すんだって大儀合戦になりそうな、そういえば選挙ありますね。 普通の人では、新しいことにチャレンジしたくなる人もいるかもしれません。 個々の星回りによって運気はいろいろなので、その辺のところは慎重にスタートする必要があります。

今年の出来事を表す10ハウスの入り口は牡羊座、すぐに丸ごと牡牛座を飲み込んで双子座で抜けます。これって今年の日本で登場してくる色んな事象のシンボルで、4月からの新電力とかちょうどよく説明できそうです。 表面は牡羊座の新機軸(ここでは新電力ですね)の皮を被っているけど、中身は既存の原子力発電込みの電気(単なるお金集めのシステム)ですみたいな。。要は「表面は新しそうだけど切ってみたら中身は昔のまんまでした」って事がたくさんありそうです。

変化は進んでいるけど今はまだ形だけ、「力(エネルギー)を一握りの人たちが所有してそれを売ってまた力(お金)を集めるではなくて、力(お金、エネルギーなどなど)を人々でシェアしてみんなで繁栄する」っていうような根本的な考え方の変化(エネルギー会社はNPOでみたいな)がベースにあっての新電力じゃないと新しい時代には中途半端です。中身が変わり始めるのは天王星が牡牛座に入る2018年以降でしょうか。

また魚座の金星(金星)と射手座の火星(火星)が90度のハードな位置関係に同じく魚座の海王星(海王星)が重なって、今年も引き続き信念や宗教をめぐる戦いは個人、国家レベルそこかしこで起こりそうです【ブルーの線】  しかも些細なことでイラッとしたことが思ってもみない大事になりやすいので痴話ゲンカ要注意です。特に今年の後半からは喧嘩じゃすまなくなる危険度が増します。去年の秋から冬にかけての一色触発のような雰囲気が再びになりそうです。


今年もいろいろありそうです。世界が根本的に変わろうとしているのは間違いなく、昔の繁栄とか栄光はもはや役にたたないし戻ることもできないと早く気がついて適応できた人が勝ちかと。。 そして、世界は1%と他の多くの人びととの戦いではなく、大きな変化の流れの中で個人が自分の力に気がついてゆくことなんじゃないかと思います。 


にじLet's Enjoy the New Era!