人は星をはじめ さまざまなネットワークのなかで影響しあい生きる生命体です。 このブログでは、占星術とヒーリングセッション、イベントやワークショップ情報、個人的な日記を書いています。

(tel) 080-3974-8463 横浜市港北区
<< 4月21日新月と5月6日満月まで | main | 天孫降臨の高千穂へ >>
南九州 竜の国 神社めぐりの旅
ヒーリングスクールのお友達と南九州へ旅行にいってきました
最初、長崎鼻の竜宮神社にいってその後、枚聞神社(ひらききじんじゃ)へと思っていたのですが、ナビの誤作動によって、一番最初にたどりついたのは枚聞神社!

そうだよね、指宿や開聞町といえば南九州の一ノ宮は枚聞神社、一番偉い神様に先に会うのが自然な順序、礼儀でした。枚聞神社へお参りして、近所にあるトヨタマ姫とヒホホコデの命が出会ったという玉の井(井戸)を見学、その後、浦島太郎が竜宮へと出発した浜辺へと向かいました。竜宮の入り口といわれるこの浜辺で友達が偶然とった写真に大きな龍らしい頭が右斜め上から写りこんでいました!!すごい

(※↓この写真の右斜め上からをよく見て、目とヒゲもわかります)

この浜は今でも亀さんがあがってくるし、開聞岳が昔噴火したときにペリドットが降って砂に混入している不思議なパワーのある砂浜。竜宮伝説のとおり異次元への入り口らしく、浜辺から海へと引き込まれるようなエネルギーの道ができていて、入水していったら異界へとたどり着けそうな雰囲気です。


開聞という地名を音でよむと「かいもん」=「開門」→「門が開く」って意味だから、やっぱりこの場所は異次元へのポータルだと昔からみんなわかっていたんじゃないかと思うのです。

最後に最近流行っている戦いの神さま射盾兵主神社(いたてつわものぬしじんじゃ)通称、釜蓋神社(かまふたじんじゃ)へと向かいました。この土地は神代の代から異国との戦いに戦士が船出する場所だったようで、最近では第二次世界大戦の時代にも出兵する兵士がたくさんお参りに来たと地元の人が言ってました。奇しくも戦艦大和もここから少し先の枕崎沖の東シナ海に沈んだし、国を守るために戦うという雄雄しい気分に自然となる場所のようです。

偶然にも、この神社3回目にして初めて宮司さんにお会いすることができました。ここは枚聞神社の末社なので、宮司さんは枚聞神社の方で、今回は最初から最後まで枚聞神社の神様に導かれたようなかたちになりました。偶然というか必然だったのでしょう。不思議












サイト2次元バーコード
qrcode