人は星をはじめ さまざまなネットワークのなかで生きる生命体です。 このブログでは、占星術とヒーリングセッション、イベントやワークショップ情報、個人的な日記を書いています。

(tel) 080-3974-8463 横浜市港北区
<< 12月までの占星術的難所 | main | オーガニックについて思うこと >>
1月中旬までに戦争に突入しなければとりあえず当面の難所は越えられる。
先日の9月28日の月蝕(4回連続の最後の月食)以降、やっぱり世界はどんどんまずい方向へ突入しつつあるみたい。

春分の星回り  【過去ログ】
4回連続皆既月蝕(特別な満月)の最終回 【過去ログ】

10月13日の新月から新しい時代が本格的に始まって、

・10月26日は、米軍が南シナ海の中国の領海すれすれでデモンストレーションして、その後報復だのやり返しだの小競り合いになったあげくロシアの飛行機がシナイ半島で空中爆発とか

・11月13日の金曜日は、パリの同時多発テロ事件。 それに続き待ってましたみたいにフランスがシリアに報復、首都を激しく空爆。これって911事件とすごく似た空気を感じる。 まるでシナリオとかありそうな感じがするのは私だけじゃないでしょ?

今後、11月22日とか26日、12月6日とか20日など今年いっぱいはとにかく危ない星回りが目白押しです。
 
星回りが悪いからといって、必ず悲惨な事が起こるっていうわけでもなくて、事件や事故が起こるのはあくまでも人が引き寄せているもの。だから12月6日前後、結構 戦争勃発っぽい空気感まんまんだけど、人が引き金を引くことがなければ大きなことにならずにやり過ごせる可能性も残っている。

来年の1月中旬までにフランス以外のヨーロッパの国がキレなければ当面の戦争の危機は避けられるかなぁと思います。
みんな冷静によ〜く考えて平和で行こう!