人は星をはじめ さまざまなネットワークのなかで生きる生命体です。 このブログでは、占星術とヒーリングセッション、イベントやワークショップ情報、個人的な日記を書いています。

(tel) 080-3974-8463 横浜市港北区
<< 本日14日23:53分新月です。 | main | 28日4回連続皆既月蝕(特別な満月)の最終回 >>
今は時代の分かれ道!

最近、秘密保護法とか戦争法案とか核兵器保有!?とか、これが21世紀の日本での話なのだろうかと驚くようなニュースが目白押し過ぎではないでしょうか。 311以来、時代が昔にタイムスリップしたんじゃないかと思うくらいです。

311の起こった次の日から天王星は牡羊座に星座を変えました。 牡羊座は占星術では季節の一番最初春分の日から始まる星座で天体が最後の魚座から最初の牡羊座へ入るということは占星術の360度円環の最初の0度に戻ることを意味しています。

天王星がこの境を越えた2011年3月12日に公転周期84年がぐるっと回って天王星はリセットしました。 占星術の視点からみると時代の目盛が天王星の公転周期84年前にもどってもう一度やり直している状況ということになります。 よって様々な事象が84年まえの昔と酷似しているように感じる・・ 怖い ヒィィィィィ(゚ロ゚;ノ)ノ

占星術的天王星の意味は、こう着した時代に変化と自由をもたらす星、その為ならば革命も辞さないという象徴で、この星をエクスカリバーの剣という人もいます。 ・・という事は、現在は時代を変えるために容赦なくこの剣がふるわれているってこと?!

毎年日本の8月は戦争の傷を悼む(いたむ)月ですが、今年はよりによって原爆が落ちた日に核武装の話まで出てくるような嫌ぁな感じ、おまけに戦争法案なんていう危ない法案まで決まってしまいそうで日本の封印されていた邪悪さのフタが開いてしまったような感じさえします。

今から84年前の日本(1931年)は、満洲事変が起こっており、満洲国建国宣言と犬養毅首相の暗殺の1年前です。 天王星の運行が同じような時代の繰り返しの指標になるとすると、次の時代のターニングポイントは2018〜19年 天王星が牡牛座に入る時期になるかと。。 昔は満洲国を帝国にしたり調子に乗りすぎたのがいけなかった。

1930年代半ば天王星が牡牛座に入ったばかりのころ、日本は中国との関係が悪化していて1937年から南京大虐殺、日中戦争になだれこんでしまいます。 この84年スケールを使うと現代の2021年にあたります。

2015年の現在は昔みたいに侵略とかしていないので、戦争じゃない方向へ進路変更できる可能性は残っています。 アメリカと国防が一蓮托生みたいになってしまったので、巻き込まれないように慎重に慎重に。

昔と違う選択をして進化のらせん階段の次のトラックを登るのだDocomo109

 

天王星 84年前 現在
牡羊座
18度
・1931年 満州事変
 
・2015年 原発再稼働
・戦争法案可決
牡羊座
19度
・1932年 満洲国建国
・犬養首相暗殺 

・2016年 トランプ大統領誕生

・英 ブレグジット選択 

牡羊座
22度
・1933年 日本国連脱退

・2017年 共謀罪法案可決

・第3次安倍内閣成立

牡羊座22度〜
牡牛座2度
・1934年 満洲国、溥儀が皇帝に
・ヒトラーが総統になる

・2018年 米 シリア空爆

・朝鮮半島南北首脳会談

・米中経済戦争

・プーチン大統領4選

牡牛座
5度
・1935年 ドイツ国連脱退 ・2019年 米ロ 中距離核全廃条約破棄(新冷戦時代) 
牡牛座
13度

・1937年 南京大虐殺

・日中戦争

・2021年
牡牛座
11度
・1938年 国家総動員法 ・2022年
牡牛座
22度
・1939年 第二次世界大戦 ・2023年
牡牛座
28度

・1941年 真珠湾攻撃

・太平洋戦争突入

・2025年
双子座
17度
・1945年 終戦 ・2029年