人は星をはじめ さまざまなネットワークのなかで影響しあい生きる生命体です。 このブログでは、占星術とヒーリングセッション、イベントやワークショップ情報、個人的な日記を書いています。

(tel) 080-3974-8463 横浜市港北区
4回連続する月蝕(Tetrad: テトラッド)
先日、10月8日の月蝕は記憶に新しいですが、この月蝕 4月からつづく4回連続の皆既月蝕(完全に月が隠れる)の2回目でした。 後2回は、来年4月4日、9月28日です。 皆既月蝕が4回つづくのは珍しい現象(※完全に月が光を失いリセットする現象が半年ごとに連続する)で、前回は2003〜2004年で、次回は2032〜2033年です。 参考:NASA Eclipse Web Site

前回起こった事象はイラク戦争、日本から自衛隊がPKO(国連平和維持活動)としてはじめてイラクに派兵され、疫病は鳥インフルが大分で発生しました。 今回は、アメリカのシリアへの空爆開始(事実上の戦線布告)、エボラ出血熱のパンデミック、日本では火山の爆発、秘密保護法の施行と憲法解釈の変更あたりでしょうか。



太陽が事象の流れに方向性を指し示すナビの矢印だとすると、月の意匠は、太陽の指し示す方向に歩いた結果手に入った状況、実績をあらわします。 よって、この月が2年間に4回も完全にリセットする現象(しかもおひつじ座、てんびん座を交互に2回づつ)が起こるというのは、世界情勢にものすごいインパクトを引き起こすと占星術では解釈します。

実際、事実上のアメリカの宣戦布告ですから結構すごいことになっているのは間違いないし、エボラもかなりの脅威です。

占星術的星の配置を見てみると、月蝕(※満月のスペシャルバージョン)が起こるラインは、てんびん座とおひつじ座にいる太陽太陽と月月が半年ごとに両方のサインを交互に行き来しているところに、90度の位置に冥王星冥王星@やぎ座がいて直角三角形(いわゆるTスクエアというハードアスペクト)をつくる形の星回りになります。



てんびん座、おひつじ座180度の月月と太陽太陽の配置というのは、自分と自分をとりまくあらゆる環境(人間関係をふくむ)との関係について見直しと刷新が起こる、しかも自分の望むと望まないとに関わらず強制的な感じでです。 

どの仕事をどのような方針でするかとか、仕事のある部分がダメになりかわりに新しい事を始めるようになったり、どこに住むかとか、誰と仕事したり付き合うかという事に悩んだり、ある関係性が終わって新しい人と付き合いだすとか、国のレベルではどの国と仲良くしどの国をけん制するかという命題に試行錯誤しながら道をさぐったりするということです。 そこに世界情勢の安定を破壊し再構築中の冥王星冥王星@やぎ座が90度のシャープな配置でかかわり、さらに事が荒立てられ究極の状態に追い込まれる図式です。

これらの星の影響は、ウィルスの生息地域にまで金魚蜂をかき回したような大混乱を巻き起こし世界中にエボラが撒き散らされそうになっています。

出生図の月や太陽、重要な天体がてんびん座、やぎ座、おひつじ座、かに座の4つのサインにある人は、今まで安定していた自分の世界感がかき乱され再構築につぐ再構築といったような事象が個人の生活にも起こっているかもしれません。

こおいう星回りの時には、自分のなかの自分を支える軸を持たないとやっていけない感じですし、持っていたとしても、たえず揺さぶられているような感覚です。 明日は何がおこるかわからないような時代ですが、こんな時だからこそ冒険しようと思った人にはエキサイティングな時期ともいえるかもしれません。

 










10月の月蝕と日蝕
来週、8日は皆既月蝕です。 前回、皆既月蝕が見れたのは2011年12月で、日本では震災後7ヶ月たって混乱が落ちついて復興の兆しが見えはじめたころでした。 薄暗く光る赤い月が印象的でした。

日蝕と月蝕は、太陽の軌道の黄道と月の軌道の白道の交点で起こるので日蝕と月食は続けて起こることがよくあります。 今回は月蝕のあとに日蝕、月がリセットし物質世界の状況がガツンと変わったところに、太陽が新規巻きなおしで世界の方向性を変えるという流れです。

今度の月蝕(下記図↓)はどんな感じかというと、火のサインのおひつじ座、しし座、いて座で正三角形の星の配置(グランドトライン)ができていてその三角形の軸に太陽太陽と月月の満月ラインが突き刺さって凧の形(カイト)になります。 この満月ラインには、もう1組の星の配置もできていて、やぎ座の冥王星冥王星と直角三角形(Tスクエア)になります。 2011年12月の月蝕よりエッジの効いた配置です。

「自分の気持ちが盛り上がる方向に、人生をリノベーション(仕切り直し)しよう!」 みたいな皆既月蝕です。 どんな分野でリノベーションが起こるもしくは起こすかというと、関係性とそれにともなうエネルギーの流れ、人間関係、自分が関わる組織や団体との関係、さらに大きくなると国と国との関係と関係性の相関図、それにともなうパワー(お金や力)の流れをより自然で自分や自国の情熱の流れにそった形に変えてゆくといったような流れです。 

情熱にそうってどおいうことかというと、最近火山の噴火や地殻の動き、川の流れによって地形が変わったりしていますが、このような自然が企画する大いなる動きがわたしたちの中にもあり、魂がその生命力によって必要のないものを脱ぎ捨てたくなるというような星回りです。 香港の学生たちが中国の支配に抵抗して巨大なデモを起こしたりしていますが、これもこの流れのひとつの象徴ぽいです。




つづいて起こる24日の日蝕(下記図↓)はどんな感じでしょう。 月蝕で現実的に何を捨てて、何を残すか今後の方針の大筋を決めましたが、日蝕ではさらにまた具体的にどのような実践をして現実化するかというような宣言を声高々にしたくなるような雰囲気です。 結構、上から目線で高圧的態度になりやすいので、個人から国の外交のレベルまでやりすぎないように注意するに超したことはなさそうです。 アメリカとか危なそうですが・・。

最近、海王星がうお座にあるので、個人や国の方針はその個人、各国毎にある、なんでも有りの状況でみんながそれぞれの立場を主張することから誰が正しくて誰が間違っているということがありません。 白黒はっきりできないグレーが真実というのが、また大きな問題ではありますが、きっと世界はその総和を足して人数分で割ったところで流れてゆくんだろうと思います。 ひとりひとりの志の平均値で世界は動いてゆく・・。 ごった煮のような状況のなかで、自分の真実(ひらめきと喜び)をまずは見つけることがこの流れを泳ぐコツかと思います。 
 










4/15 月蝕
本日の16時の月蝕はうちの場合、 新居のインターネットの不開通というイベントになりました。1ケ月以上、工事待っていたし、ネットを使って仕事しているので正直ガッカリです。

たまたま電話で話していたお友達の車のオーディオもその頃に反応しなくなったという話を聞きました。わたしの周辺では、水星水星の象徴である通信や電気関係のディバイス不具合って現象になっているのか?

活動宮のグランドクロス( 星が十字の配置になること)でこの位の話で済んだのは良かったとしておくことにしましょう。

やっぱり、水星水星と天王星天王星のコンジャンクションに火星火星の180度で冥王星冥王星、 木星木星グランドクロスじゃ、スムーズに通信工事が進行するはずないですかね‥。



インターネットの開通は18日の夜、天王星天王星と水星水星に月月が120度になる頃になりそうです。

もっと、月蝕について深い話を書こうと思ってましたが、ネットの不開通ですっかりやる気をそがれました。。










2014年3月21日、春分の星回り
最近、すっかりブログの更新をしてなくてすみません。 みなさま、お久しぶりです。
2月の間の長い水星の逆行も終わり、3月1日の新月で、やっと、ブログを更新する気力がでてきました。

占星術では、1年のプロセスの始まりは春分の日からで、この日がいわゆる西洋占星術的お正月っていう日になります。 日本人にとってはターニングポイントの2011年3月11日からの大きな変化の経過は今年もつづきます。 

やぎ座を運行中の冥王星冥王星は、社会の基盤をゆるがしつづけるでしょうし、おひつじ座の天王星天王星はゆらいだ構造に新しい風を持ち込んで過激に変えようします。 この激しい星回りの影響で起きたといわれているのが311の地震と津波、放射能問題です。 他にも、人々が国の政策に反発し世の中を変えようという動きなども、この星回りの範疇に入る出来事です。 自然災害、金融危機、革命、テロ、戦争など、過激な出来事はなんでもこのカテゴリーに入りそうなくらい不穏な空気です。 



この大きなうねりは2017年くらいまでつづきます。 古い価値観や社会構造がどんどん壊れるので、気持ち、物質両面で「新しいヨリドコロ」をつくらないとこの変化には対応できなくなります。 今、周囲の雰囲気を見ていてわかるように、社会構造だけでなく個人の暮らし方も大きく変わっている人がたくさんいますね。

今年の春分の日の星回りを東京で見てみると東の地平線(アセンダント)に冥王星がぴったり重なります。 これは、1年の始まりの太陽が冥王星冥王星のある位置から昇ってくるという事ですから、今年は日本の基盤を根本的に変えますっていう象徴的意味になります。 そのやぎ座の支配星は、さそり座に入っている土星土星ですから、今年も日本国の古い時代からの亡霊(人の気持ちの中にある陰(シャドー:気がついていない自分の性格)の部分)がますます表面化してくることが予想されます。 また、右に傾くんでしょうか。。よその国からは、それがより見え見えになる模様。

また、チャートの上の方に火星火星がのぼってきていているので、今年も去年にひきつづき国の軍事関係の問題をふくんむ外交が進むでしょう。 この間、安倍さんの言っていた武器輸出三原則を変えるとか、まさにビンゴって感じです。

4月には消費税増税なので、今年は去年みたいにアベノミクスで庶民の気持ちがふくらむっていうようなことは無さそうです。 増税は普通の人の生活を直撃しそうです。 でも、儲かる人は儲かるようで、経済格差っていうのかな、差がより決定的になる雰囲気があります。

あんまり、楽しいことが書けなくて残念ですが、今年の前半6月末くらいまで、冥王星冥王星と天王星天王星90度配置に木星木星や火星火星が絡むグランドクロスやTスクエアといった過激路線の星回りがつづくので、変化の速度は突然激しくなどの形容詞をともなって起こりそうです。 今年前半は乱気流を抜けてゆく感じです。 ちょうど、この前のお正月休みの頃の息がつまるような雰囲気に似ています。 個人の生まれの星が、この星回りに影響を受ける人は、ちょっと覚悟が必要かもしれません。

以前にも書きましたが、乱気流のなかで巻き込まれてもみくちゃになるか、天空の城ラピュタを見つけるか、今年は極端に勝敗が分かれる感が大きいです。 ピンチはチャンス、どうせなら、ラピュタを見つけたい! わたしは目指せラピュタでいきたいと思います。

 










今日は秋分で、お彼岸のお中日
23日は秋分の日でお彼岸のお中日です。 春と秋の彼岸は、仏教徒的には先祖のお墓参りにいったりする時期で、あの世とこの世の境目が薄くなり見えない世界が日常に入り込んでくる不思議な感覚があります。

また、昼と夜の長さが同じになり、西洋占星術の7番目のサイン天秤座が始まる日でもあります。

天秤座は、春分から始まったプロセスのちょうど折り返し地点で、ものごとが実りを迎える時期の始まりです。

23日をはさんで前後3日間が秋の彼岸といわれる時期になりますが、今年の彼岸は8月半ばからの活発なプロセスに何らかのはっきりとした答えがでて、流れの潮目がくっきりと変わる感じが普通の年より強いです。

夏と秋を分ける1週間、まさに字のごとく秋分の日です。




今日の太陽は、メジャーな惑星と手をつないでいないので、具体的な事象としての変化はまだ起こりません。 

27日、彼岸が明けた次の日に太陽と月を巻き込んだ十字架(グランドクロス)ができるので、はっきりくっきり変化がわかりやすい形になってきます。 しかも、この日は結構ドラステックな日なので、変化は大きく急激に変わります。














2013年5月 日蝕
 5月10日は、オーストラリアの端で日蝕が観測できます。 日蝕といえば、やはり政治、卑弥呼の時代から日蝕を境に政治が変わるのはよく知られた出来事です。今回の日蝕は、2009年からの政治の変化に大きな節目の蝕です。


冥王星、天王星90度の世界の変革アスペクトは2008年くらいから引き続き2017年くらいまでですが、その変改の中でも冥王星と日蝕の太陽が、物事の実績がつくられる やぎ座、おうし座、土のサインで120度の安定した角度をつくります。
半年後の次の日蝕まで、アベノミクス構想が定着し、磐石の状態になるようです。

思えば2009年7月21日 自民党が解散して翌日の22日にも日蝕が日本の上空で起こっていました。



このときの日蝕の太陽は改革の天王星と120度トライン「さぁ改革の時がきました!」みたいなチャートですが、太陽の度数は「大きく変化を求めて羽ばたきたいけど結局出戻る娘」というシンボル。 

民主党は、2009年大きく船出したけど3年後には沈没してしまいました。  野田首相が民主党の解散を宣言したのが 2012年11月14日の日蝕の日、わずか3年の政権交代で見事に出戻りました(涙) 占星術って実によくできている。



2012年11月の日蝕では、太陽はノーアスペクト、民主党は解散したけど、まだ先の見えない宙ぶらりん政権でしたが、翌12月、自民党は与党に返り咲きました。 今度の5月10日の日蝕で完全復活を果たすぞアスペクトになります。
あぁ、これでホントにいいのか日本!











今年の日蝕

※太陽観測衛星「ひので」から撮影した金環日蝕


5月21日の日蝕のことを書きます。この日食は日本の広域で観測でき、南九州から東京にかけては金環日蝕になります。ゴールドの指輪のように太陽のふちが残って見えるので金環日蝕といいます。

日蝕はだいたい世界中で1年に2〜3回起こっていますが、日蝕の影響を強くうけるのは、実際に蝕を観測できる地域の人たちです。・・ということは、今回は日本に住んでる人たち、つまりわたしたちです!

現象的には、太陽が一瞬消えてまた出てくるという天体の運行ですが、占星術的には太陽が書き換わるとして、その国の指導者や政治に影響を与えるといわれています。

たとえば、3年まえの2009年7月の日蝕では、その直後に自民党が失脚して民主党が与党にとって変わりました。

現在の与党代表者、野田総理の誕生日は5月20日で、日蝕が起きる日の1日前です。個人の誕生日の近くで蝕が起きる場合、その人の人生にかなり大きなインパクトを与えます。

彼は日本国の首相ですから、想像しやすい変化として政界の再編成という可能性は大きいと思われます。しかも、野田総理の出生の太陽は冥王星と90度のハードアスペクトという緊張感のある位置関係。総理の立場に想定外の大きな変化が起こる可能性ありです。

ここ2〜3日で、消費税の話がテレビでたくさん扱われるようになっています。この話に決着がつくのが、5月の日蝕の時期に重なるのかなと思います。


今年の日蝕はふたご座の1度で、2月に160年ぶりくらいでうお座にもどってきた海王星と90度のアスペクトをもって起こります。うお座の水底(意識のより深い部分)をのぞきこむような感じ、多くの人が目に見えないと思っている世界を、ふたご座の好奇心で手当たり次第に吟味してみるような活動にはまるとか・・・、スピリチャルツアーとか流行るかもしれませんね。

そしてお馴染みのやぎ座 冥王星とおひつじ座 天王星の90度アスペクト。キャッチーなコピーで一番ぴったりって思うのは「断捨離(だんしゃり)」、このアスペクトを断捨離アスペクトと勝手に命名します!

そして、チャートの真ん中の正三角形グランドトラインは、6月6日のビィーナストランジットの完成にむけてビィーナスがつくるこの世の新しい価値観にもとずいた人と物とお金の仕組みが具現化してくるさまなんだと思います。

「古いものを手放して、新しい仕組みを受け入れよう!そして神秘的なものをどんどん探求しよう」が今度の日蝕のテーマです。これに関連して古いものが手放せないとか抵抗したりすると、断捨離アスペクトによって強制的に
断捨離させられたりといろんなドラマが展開するんだろうなぁ・・などと思います。

金環日蝕の観測できる地域(国立天文台のHP)



これは杞憂だと思いますが、南海トラフの図と微妙に重なるように見える帯が気になります。地殻に大きなストレスがかからないといいなぁと思います。



奇しくも、いろいろ言われている2012年に日本の真上でこんな広範囲でおこる日蝕なんて、日本にとって影響が大きいことは間違いなく、これって良くも悪くも日本の運命って思っちゃいます。











サイト2次元バーコード
qrcode