人は星をはじめ さまざまなネットワークのなかで生きる生命体です。 このブログでは、占星術とヒーリングセッション、イベントやワークショップ情報、個人的な日記を書いています。

(tel) 080-3974-8463 横浜市港北区
人生でのチャレンジに占星術を使うということ【再投稿】

Netflixでプロフェッショナル仕事の流儀でアイガモ農法の古野さんの番組を見てます。

試行錯誤を繰り返してアイガモ農法を確立した人の物語なんだけど、「米作りは人生で出来て三十数回くらいのチャレンジ」とか「自分の認識の世界にないところを体験することで超えることができる」って言ってて、その言葉に自然と共に生きて挑戦しつづける人のリアルを感じました。

わたしが占星術を支持するのは、人生での試行錯誤にも米作りと同じような季節感があってチャレンジできるのは人生でたかだか数回、その季節を読むことができるから。

種を蒔く時期、育てる時期、収穫し収穫量を決算する時期、休む時期を教えてくれる占星術はすごく使えるんです。

稲作は季節とともに歩むので種をまく時を待つでしょ。冬に種まきする人はいないのは当たり前。

占星術の星が巡るサイクルを待つ感覚に同じものを感じるんです。 失敗したらまた来年っていう厳しさも

そおいう点で、RPGゲームみたいにハマって時間をかければ季節とか星の巡りとか絶対的な条件に全く関係なくステージをクリアできるっていう、ある意味エゴが全部を支配するものじゃないところが普遍的でいいなぁと思うんです。

 









海王星うお座時代
2011〜2012年で海王星が魚座に入宮しました。魚座の支配星は海王星なので、現在ホームに帰ってきた海王星は滅茶苦茶元気になっています。海王星の公転周期は約165年、前回魚座に帰って来たのは江戸時代、日本に外国からの開国の圧力が大きくなってきた頃でした。

海王星の占星術的テーマは「物事の境界を溶かし解体する」物事の最終プロセスを担当する星なので、2012年くらいからこのテーマで様々な事象が説明できそうです。

例えば、トランプさんが大統領になって勢いを失いましたがTPP、これは貿易の関税障壁を無くすがテーマなので海王星の働きにあっています。また、ジェンダーの境が曖昧なLGBTにじの結婚を米国が認めるようなったりもしました。

最近一番気になるのは物事の善と悪、真と偽の境界線が無くなってきたことです。いわゆる「ポストツゥルースの時代」、「フェイクニュース」とかは、まさに魚座に戻ってきた海王星が作る時代風景です。

海王星の象徴にはインターネットという事象も含まれるので、現在のgoogle検索の信頼性のなさも、海王星うお座時代だからという事ができるでしょう。

今は「ポストツゥルースの時代」真っただ中で、何が本当で何がウソなのかなかなか見わけのつかない状況ですが、わたしは今みたいな混乱がづっと続くとは思っていなくて、海王星が牡羊座に抜ける2025年〜2026年を境に新しい時代の真偽の基準が整い始めると思います。その頃にはインターネットも次のポジティブなフェーズに進化し始めるでしょう。

今は過去160年位の時代が作って来た価値基準が消えようとしていて、真も偽もグチャグチャに入り混じってどれがホントだかわからない混乱の時期なのです。あと、7〜8年の辛抱、もうちょっと待とうと思います!あひょうパンダ

クローバー PR
占星術で読み解く時事ニュース vol.2
〜占星術的 時事問題解釈〜

第1回目:
「2018〜2019年 朝鮮半島の国境線が変わる?? トランプ政権と中ロのリーダーたちの攻防」
※日曜か平日の日程からお選びください。
(日曜)10月22日 14時〜15時30分
(平日)10月23日 14時〜15時30分

http://hqp-blog.jugem.jp/?eid=175









10/1 新月

10月1日 9時11分に天秤座で新月になります。とくに天秤座や牡羊座、蟹座にご自身の重要天体がある方は真夏からつづいている緊張状態が少しづつ壊れていますが、良くも悪くもついにこの新月で大きくはじけるみたいになり最終段階をむかえます。

影響は次の新月10月31日までなので、10月は心機一転的、とくに天秤座や牡羊座、蟹座にご自身の重要天体がある方は新路線がはじまる人もいます。壊れたり変化したりすることは脱皮のための過程で長い目で見た場合、あの変化は良いことだったと思いだせると思います。

引き続き、テロやモラルハラスメントのような誹謗中傷の星回りは10月末とか11月半ばくらいまでつづきます。

いい感じにみえる10月の星回りは、趣味とか自分が好きなことに没頭して楽しむことができるとか、ラブが始まった人にはもの凄くロマンテックでラブラブな雰囲気の1ヶ月です。

今月は色々なエネルギーが動くので多少波乱はありそうですが、雨降って地固まる的な10月になりそうです。ドキドキではありますが、着地点は過去よりいい状況に行くと腹をくくって臨みたいと思いますパンチ

 

 









8/3 新月

本日、新月です。獅子座でできる新月に射手座を運行中の土星が120度(トライン)です。 7月中はいろいろ変化ありましたが、次の9月の新月までの間、先月の変化が日常に浸透して安定してくること表しています。

しかしながら、新月の本日、火星が火のサイン射手座に入ってきたので、今月の雰囲気は「イケイケどんどん」「使えるものは何でも使って進撃だぁ」みたいな勢いの良すぎるところがあります。 早速、某北の方の国がミサイル発射したみたですが、ほんと射手座火星っぽい反応です。

「決まったこと決めたことは粛々(しゅくしゅく)とやってゆこうパンチおっー!」って感じです。

 

クローバー PR
8月14日(日)、19日(金) 「占星術のサインを学ぶ」 第2回の講座します。 サインと支配星と守護神、タロットカードや数秘の話などをしましたが、お陰さまで第1回目大変好評でした。ネットのスカイプラーニングも使えるので遠隔地の方もどうぞ
1回お試し受講もOK  1回目聞き逃した方も今なら補講できるので ぜひ!
http://office.heartquest.jp/?eid=48

 









7/20 満月

明日20日鹿児島の満月図(有効期限8月3日新月まで)は、7月4日の新月で目の前にぶら下げられた「変らなくちゃっていう課題」にいろいろ懸念材料はあるけど納まるところに納めてカタをつける満月です(満月ラインと天王星を結んで直角三角形ができている)。 
見切り発車とか無理やり決めた方向性でも、始めるって決めたので、結構やる気になって前へ進めそうです(同じく満月ラインと火星を結んでピンク色のハーモニックな三角形ができている)



「とにかく前へ進まないと」が合言葉です。 いけるところまで頑張るのだ手













7月4日 新月

本日20時 蟹座で新月です。東京でチャートをつくると東の地平線は水瓶座の1度から始まります。そこから次にエネルギーが流れるのは支配星の天王星がある3ハウスの入口、この意味は水瓶座の「未来のために改革と変化」をです。新月テーマの有効期限は8月3日次の新月まで

10日には選挙があるのですが、この変化の流れが「改憲」方面に流れるか、それとも現状にとどまれるか微妙なところです。射手座土星、魚座海王星、乙女座木星の柔軟宮にある3つの天体、柔軟宮はちょっとしたきっかけでガラリと状況が変わるサイン。選挙とか最後までなにがあるかわからないです。

チャートの一番高い位置には蠍座の火星があるので力で押し切る的感じが目立ちます。 蟹座の金星は天王星と90度 国や個人の経済環境に良い方向悪い方向に激変があるケースがままありそうです。 

先日の満月&夏至あたりから蟹座のテーマの「家族や国、仲良しチームの線をどこで引くか問題」で誰が友達で誰と付き合うか、仕事で誰と組むか組まないか、グループだったら誰が仲間で誰がそうじゃないのか、家族になるならこの人とかこの人は家族じゃないとか、最近の事例だとイギリスのEU離脱問題とかいろいろな局面で喧々諤々でしたが、今日の新月でやっと線引きができて決着がつきはじめる感じです。 

今月は「一緒にがんばる仲間は決まったから、ここから先に進むためにリスクをとっても変化しないと」がテーマでしょうか。 ちょっと怖いですが「新しい環境に適応しなくちゃ!とにかくやってみるしかない!」という感じかな

 

  









6/5 新月
6月5日は、双子座でできる新月を巻き込んでグランドクロス(十字架の形に星が並ぶ)と5月からひきつづき土のサインでグランドトライン(正三角形の星の配置)ができています。



東京でチャートをつくると新月ができるのは9ハウスの終わり、西へ行けば行く程、新月の位置は子午線に近づき九州以南だと完全に10ハウスで新月になります。子午線近くで新月になるってことは、確実で強固だと思っていたものがリセットしてなくなるとか怖い話も想像できます。

新月の近くに金星もあるのでお金や恋愛の件で何かあったりするのかなぁ、まぁ普通の読みだと双子座の新月だから情報関係、コミュニケーション、神経系、通信機器関係とかに関わるトラブルが起きる可能性も。 みんなが現在信じている確かな何かが溶けるように壊れて鍋のなかでグルグルかき混ぜられるような感じです。十字架は柔軟宮でできているので、良くも悪くも世界がガラリと変わるゲートみたいなものです。 とはいっても土のサインの正三角形もできているので、かき回してた鍋の底には貴重な金の塊ができてるみたいな、まさに錬金術のような1ヶ月、有効期限は7月4日の新月までです。

6月はとりあえず警戒は怠らず「錬金術で貴重な金を手に入れる」くらいの覚悟をもって臨むのだぁピース


 
クローバー PR

6月13日(月)、18日(土) 占星術講座「ニュースな人たちのチャート研究」 第2回の講座します。 研究対象は復活した小保方晴子さんです。 ネットで配信するので遠隔地の方もどうぞ

1回お試し受講もOK  ぜひ!

http://hqp-office.jugem.jp/?eid=20


 








5/7 新月
7日4時29分 おうし座で新月になります。 次の6月5日新月までの1ヶ月間の雰囲気を読むことができます。


土のサイン おうし座、おとめ座、やぎ座で正三角形(グランドトライン)ができます。 このグランドトラインに新月の太陽と月が係るので次の6月新月までの1ヶ月間、4月に壊れたものの修復と復活がテーマになります。 

5月は地震の復興はさらに進みます。また、地震に直接関係のなかった方々でも 4月にはじまった大きな変化で戸惑っていらっしゃるならば、新しい環境への適応と生活リズム再構築の月になります。

冥王星、天王星の90度(グリーンの線)で象徴される「古きを壊し新しい時代への移行」という天体配置は2008年くらいからできていて来年2017年くらいまでつづきます。 この星回りで起こった事件は、リーマンショック、311、最近では九州の地震、内輪な話だとわたしの通っていたヒーリングスクールの崩壊などなど、人々の想像をはるかに超えた破壊劇を引き起こしてきています。 今月の新月はこの天体配置に直接かかわらないので、出生図の天体がからむ人以外、公の危険度はグッと低くなります。

しかしながら5月は引き続き、土星、海王星、木星で直角三角形(Tスクエア)の天体配置もできているので、権力者(自分にとって力を持っている人、政治家、上司、親、先生など)との終わらない戦いモードな気分とか、集合無意識の中に芽生える悪意の闇とか重苦しさが世の中の雰囲気として漂います。この流れは今年の暮れぐらいまでつづくのでまだ先は長いです。

「復興・安定モード」か「抗争・悪意モード」のどちらを経験するかは出生時の星回りによるところが大きいのですが。 土星と海王星が作りだす「抗争・悪意モード」は、争う両者ひたすら平行線をたどるばかりで建設的な面が一切ありません。 できるならばネガティブな争いをやり過ごし、ポジティブ「復興・安定モード」(リッチなおうし座金星も参加してる)に乗る選択をした方が先につながるものがあります。

Good Luck エクステンション


 








4/22 満月
最近 地震の影響で少し躁状態になっていて、暇さえあればSNSでシェアだ投稿だとか、ブログを書いてたりしてます。 これはこれでサバイバルしようともがいている行動らしいので、気が済むまで自分にさせてあげようと思っている今日このごろです。

・・ということで、本日22日14時23分の満月について書きます。



満月を構成する天体を現在起こっている地震事件で目につく人たちに配役して説明してみようと思います。 まず、冥王星冥王星山羊座と天王星天王星牡羊座の90度は今回の地震とか有り得ない事件を引き起こす天体の組み合わせです。これらの天体は持ってるエネルギーが大きすぎてリアルな人には振り分けられないです。

ピンク色の直角三角形の1辺を構成している木星木星乙女座、海王星海王星魚座」180度は、現在支援活動で素晴らしい神対応を展開している組織の社会正義のマインドでしょうか。 この神対応ラインに90度の位置からことごとく邪魔をする存在が土星土星射手座の政府のお偉いさんや原子力産業で甘い汁を吸おうと企む人たちです。 

この方たちは大義名分を振りかざして自己利得のために突っ走っていますが、支援活動を仕切る組織にとっては場違いな存在でしかないようです。ここでの問題はどちらの立場も正義と大儀をもっていると信じているのですれ違い問題がますます大きくなっています。 時代の流れ的、わたし個人の気持ち的には乙女座木星木星と魚座海王星海王星ラインの社会正義に利があるように思います。

また、このピンク色の直角三角形では土星(権力者=お上の)の貪欲な支配に被支配者たちの反発や恨みがドロドロになるようで、柔軟宮の乙女座、射手座、魚座を運行している木星木星、土星土星、海王星海王星で構成されているこの直角三角形は、柔軟宮に根ざすゆえにグラグラと気持ちが揺れるであろう事が予想されます。 

実際、わたしの出生図の主要天体がこの配置に巻き込まれるので、ここ数日「なんで原発止めないんだぁ怒り」とか 為政者にたいする嫌悪感がムクムクと湧きあがってきています。冷静な自分は「いやいや大きな経済の仕組みにわたし一人が怒っても意味がないじゃない」かと思っていたり、右に左に翻弄されています。いかんいかん。。

緑色の正三角形は、正義のマインドを実際に実行に移せるプロフェッショナルな支援組織とそれを支えている大衆のリテラシーの高さとかでしょうか。ものすごく安定感があります。これは311の試練から鍛えられている感じで、みなさんボランティアの人たちだけどすごい機動力です。 

月と太陽太陽の満月ラインは牡牛座と蠍座の不動宮でできますが、14日の地震以来はじめて月月と太陽太陽が不動宮にそろったので、7日の新月の「古き物が壊れて新しい風が吹き込む」の流れからちょっとした踊り場にたどり着いた感じがあります。 地震真っただ中の方たちはまだまだ大変ですが、置かれた環境でやっと立ち位置を確認できるようになってきていると思います。今後どうするかとか考えられるようになってきているのでは。。 

満月ラインは、今日の星回りだと月月、太陽太陽だけで孤立していて他の天体と手をつないでいません。故にやっと手に入った立ち位置感は個人個人で自己完結状態かと思います。 ご自分の出生図の天体と今日の満月ラインが絡む方は、その絡み方次第で今日やっと今後どうするとか落ち着いた人もいれば、更に葛藤を強く感じるようになった人もいるなどいろいろでしょう。

5月7日、次の新月までまだ何が起こるかわからないので引き続き注意が必要ですが、本日の満月は地震の混乱から抜けたちょっとした踊り場感があるようです。ホッハート



 








熊本の地震について
本震の起こった16日早朝、鹿児島市に住んでるわたしは携帯の地震警報4連ちゃん&地震で揺れるで、起きても肩は凝ってるし寝不足だしで散々でした(熊本や大分の地震真っただ中の人には申し訳ない)

鹿児島に避難してから地震で揺れ続ける関東地方を見て、「変われ」と揺さぶられているみたいだなと思っていましたが、ついに九州も自然のエネルギーに揺さぶられる土地になってしまいました。 ここ数日ずっと揺れてる大地の上で暮らして(実際震度でてなくてもエネルギー的に揺れてる)、やっと手に入れたと思っていた安定した大地がなくなりました。 諸行無常であります ゆう★ 

本震が起こった直後は、連続の携帯警報音とリアル地震で結構心理的にやられましたが、17日本日はよく寝れたので完全復活いたしました。 復活した視点からみてみると、今回の九州の地震で真新しかった新幹線が脱線、高速道路も陥没で九州南北分断、由緒正しき文化的建造物も粉々とか今現在は悲惨ではありますが、この災害を機会に新幹線も強くなるとか 九州のOSが確実にバージョンアップするであろう未来を肌身で感じております。

古い利権構造の原子力産業が相変わらずアホだとか政治のイケてない側面はとりあえず置いておいて、普通の人たちがインターネットを駆使して被災地へ水や食料を運ぼうとしていたり、災害を自分たちの力で乗り越えようと動きだしました。 「お上に頼らないで自分のできることをみんなで自主的にする」って素敵です。 311の時もそうでしたが、新しい時代の息吹を感じるね。  今回は放射能問題がないので(福島の方々にはすみません)311に比べてみんなでナンとかできそうな希望が見える事がありがたいし、なんかみんなの動きがコナレているのを感じます。




さて今日の記事の本来の目的ですが、災害の星回りを読むなんて不謹慎かとは思いましたが、世の中の物事は因果を何かの手法で説明してもらえると腑に落ちて納得できることもあるかと思うので、あえて今回の地震の件 占星術で読んでみようと思います。

正直なところ、2008年くらいからずっとできてる天王星天王星、冥王星冥王星90度の「破壊と再生アスペクト」311以来慣れっこになってて星読みがぬかっていました。 今回の地震で、今ってやっぱり一触即発の時期(第二次世界大戦前と同じような感じ)で気を抜いてはいけなかったのだと改めて思いだした次第です。今みたいな時は雷が上空でゴロゴロしているみたいな感じで月や水星、金星や火星など運行速度の速い天体が避雷針のような役目を果たしてちょっとしたきっかけで大参事みたいなことがおきます。 少なくとも2025年くらいまで、何があってもおかしくないと思った方がいいということで気持ちを引き締めます。 

★地震が起こった要因と考えられる占星術的根拠

(1)3月9日の日蝕:土星土星が新月の太陽太陽と月月に90度配置になっていて、新時代の幕開けに流れを堰き止めるちょっとした困難がありそうっていうのの、困難の一つですかね。 同時にこの困難にめげずに完全復活する山羊座冥王星冥王星60度もあるので、今回の地震は新しい時代の幕開けのハプニングで結果は完全復活を果たすと読めるかと。

(2)先日4月7日の新月: 前回のブログではみんなからの「いいね」欲しさに、あんまりエグイ話はあえて書かなかったのですが、先日の新月には厳しい「古きを断ち切って新しきを受け入れる(結構過激な方法もあり)」という面があって、今回の地震、占星術的にみると「セブンイレブンの乱」につづく「日本再編の出来事」のビッグイベントの一つかなと思います。 この間の新月の影響は次の新月5月7日までつづくので、まだ何かある可能性も要注意。

(3)4月14日の最初の地震


揺れた時間を占星術的にみると事象の始まり(ASC)は蠍座の最後の度数30度、物事の起こる引き金を引く月月は蟹座の最後の度数30度、ASCと同じ「水」から「火」のサインへ抜ける直前。 「水」と「火」は4大元素のなかで性質が違いすぎる元素。よって運行する天体がサインを替えるときは、ときどきギアを入れ間違えたようなガックンっていう事件が起きやすい。

でも、所詮ASC(アセンダント)や運行速度の速い月月の起こした出来事、こんな大事になったりするのは変な感じと思っていた矢先に今朝16日の夜中のM7.3という本震が起きた。 結果として14日は、引き金だったというのは納得の感じです。

最初の地震では、振り出しのASC(アセンダント)が刺激したのは、2ハウス山羊座の冥王星冥王星と5ハウス牡羊座の天王星天王星90度の例の「破壊と再生」の星回り。 現在、壊れている熊本には恐縮ですが、「かなり滅茶苦茶なやり方で古きを壊して新しき風を取り入れる的出来事だった」という星の配置です。まぁ、地震とか災害はいつも現況を滅茶苦茶にするからその通りという感じです。 

で、もう一つ特徴的な天体配置は、絶対的な安定感のある土のサインでの正三角形の星回りができています。これは、たとえ災害が起きても被災地のコミュニティや大地の健全さは揺るがないということなのではと熊本の状況を見ていて思います。 九州の土地の豊かさは自然、人の心とも半端ないですから。 よって、今は悲惨でも絶対近いうちによりバージョンアップして復活すると言えるかと。

(4)16日のメインの地震

最初の地震の16倍のエネルギーだったそうな。。 この地震では、始まり(ASC)は山羊座から、次に駒が進むのは射手座の土星土星、この土星は火星火星と近くにいるので起こる物事のエネルギーの大きさがすごいって読めます。 これが前述の豊かな大地に思いっきり90度でプレッシャーをかけたのが2回目の本震っていうやつかと。

しかしながらこの射手座の土星土星は獅子座の月月、牡羊座の天王星天王星とも火のサインで正三角形の配置をつくっていて、これは新しきものを創造する気合い満々なポジティブな星回りでもあります。 ここでも、壊すけど新境地再生します的エネルギーに燃えている感じがあります。 よって、今回の地震は確かにいろいろ壊れて悲惨だったけど、より豊かな九州2.0へのちょっと強烈な初めの一歩だったという結論を申し上げたいと思います。

ただ、この本震で刺激された土星土星に海王星海王星が90度で今年いっぱいくらい関わるので、あと数ヶ月余震とか他の連鎖的な地震とかまだまだあるかもしれないということ、また別の角度から見るとこの天体配置が呼び起こす人の悪意とか恨みとかなんかドロドロした集団心理みたいなものがあって、この話ははまると泥仕合に突入して出口がない状態に陥る可能性あり。 

泥の沼から抜けるには、泥をものともせずに咲く蓮の花のような強さを見つける必要があるかと。。わたしには、この蓮の花はインターネットを駆使して被災地を支援しようと自ら動く普通の人々のように見え、この人たちは現状の政治的権威や旧態依然とした経済システムに文句はあるけど権力者と終わりなき闘争に巻き込まれない人たちです。 

重ね重ね、今回の地震、放射能に汚染されていない大地の豊かさと健全さだけは残っていてホントに良かった。 これなら早いうちに希望を見出す作業が普通の人たちでもできると思うし、それができたコミュニティは自分たちの力に自信を持てるようになると思うから。

熊本と九州に早く普通の生活が戻りますよう祈ります。