人は星をはじめ さまざまなネットワークのなかで生きる生命体です。 このブログでは、占星術の記事とイベントやワークショップ情報、個人的な日記を書いています。

※個人セッション、占星術スクール、イベント出張のご依頼はこちらに→ (tel) 080-3974-8463
2/26 日蝕について

2月26日 23:58 日蝕が起こります。観測できるのは南米、大西洋、西アフリカで日本では見れません。日蝕の影響は次の蝕が起こる8月までの半年間、前回2016年9月日蝕からの半年間では派手に物事の終了が各方面で起こりました。今回2月の日蝕は、2018〜19年の天王星牡牛座入宮へのプロローグ的な雰囲気があり、時代の流れに合わない関係性(人間関係、家族関係、同盟関係など)の終わりと新たな始まり、それにともなって起きる物事の終了と新しい始まりがテーマでしょう。

前回、天王星が星座を変えたのは2011年3月12日 あの震災の次の日でした。よって次回 天王星が星座を変える2018〜19年からも2011年からの変化(ゴジラ的にいうと311での誕生から現在までが第一形態)に更に上乗せ的な変化(2018年から第二形態以降の変化、大きなウーパールーパーみたいだったのが立ち上がって恐竜?ゴジラだったって変化の全貌がはっきりわかるみたいな)が起こってきます。

今回の日蝕では、魚座で起こる蝕にメジャーな天体のアスペクトは海王星との合(緑色:コンジャンクション)しかありません。よって、古い物事が溶けるように消えてゆき自然消滅してゆくみたいな感じですね。今度の日蝕で何か変化がある人は良くも悪くも生まれ変わり感ハンパないと思います。また、木星、天王星、火星、冥王星の直角三角形の天体配置(水色:Tスクエア)による、全体の構造を支えるピースの組み換えで個人や企業、国どうしの関係性がガラガラ変わりそうです。世界が大きく動くようになるのは、8月の日蝕以降の出来事のようです。

明るいアスペクトとしては、射手座土星に牡羊座の天王星と火星が120度とハーモニックな配置に並びます。これは(ピンク色の三角形)、 変化の組み換えのなかで世界規模の大筋の枠組みは新時代を受け入れて粛々と変わっていっている事です。26日の日蝕から8月まで新体制構築の流れは火星の勢いに乗って更にスピードアップするので、何かあっても自分は正しいコースに乗っていると信じて焦らないような心構えをしておきたいと思います。

 

 


総合インデックスへ    このページのトップへ






ニュースな人たちのチャート研究 vol.8

〜話題の人のチャートから占星術を学ぶ〜



毎回、ニュースや芸能界で話題になっている人物を題材にしてホロスコープを読みます。隔週の予定で全4回の講座です。スカイプを使って遠隔地の方も受講していただけます。


1回目:

・ 1/15日  14:00-15:30 
取り上げるテーマは、「ユーリ!!! on ICE」(アニメ作品) 新しい時代を切り開く愛の物語、「モテキ」の久保ミツロウさんの作品 作品のスタートした日時から作品の出来た時代背景と今後どうなるか? 主人公のチャート研究!ヴィクトルとユーリのプロフィール、相性、ユーリの幼い自意識がヴィクトルの影響でいやされて成長してゆくさま、ガンダムのアムロくん、エヴァンゲリオンのシンジ君まで話をひろげて語ります。盛りだくさんの占星術的考察です!


2回目:1月 第4週 
・ 1/29日  14:00-15:30 
取り上げる方は、プーチンさん 安倍さんとかトランプさんとの相性も テレビで見る首脳会見の裏でどんな心理戦が起こっているのか?など


3回目: 2月 第2週
・ 2/12日  14:00-15:30
取り上げるテーマは、日本建国図 2月11日の明治日本のお誕生日チャート  日本を取り巻く国々の同盟関係がガラガラと変わって行っております。日本はこれからどこへ向かえばいいのか? アメリカの冥王星回帰についても取り上げます。  
 
4回目: 2月 第4週

・ 2/26日  14:00-15:30 
取り上げるテーマは、スマップはなぜ解散したのかです。 昨年の1月から始まったスマップ騒動はついに解散という形で終焉を迎えました。 国民的アイドルグループの解散劇を占星術の視点から考察します。

 

 

※日程は参加者のみなさまのご都合にあわせて決めます。

※全4回中、日にちの都合が悪い場合は1回に限り補講できます。

※単発参加可能


受講費:全4回 8,000円(前納制) ※単発参加1回 2,500円
場所:上之園町

お問い合わせ、お申込み先:
プレゼンスツゥマニフェステーション 妙衣(たえ)まで
(Tel) 080-3974-8463
(メール) stay.presence@gmail.com

 

 

 


総合インデックスへ    このページのトップへ






トランプ大統領就任式

2017年1月20日 午前11時半(現地時間)にトランプ大統領が誕生しました。今日21日のニュースでは、さっそくオバマケア廃止の大統領令に署名とかすごいニュースが報道されています。

占星術的には、孤立する水瓶座1度の太陽 太陽 がチャートの高い位置にあって最初に目に入ってきます。これはこの政権が「新時代(水瓶座時代)への革命と変化」で暴走するということです しかも水瓶座の1度は”その思想があまねく全世界に拡がってゆく”という度数、今までのもしかしたら昔の繁栄に戻れるかもしれないという淡い期待はこれで完全に終わった感じがします。 皮肉ですが、トランプさんの Make America Great Again! の少なくとも「アゲイン」っていうのはないなぁと思います。。 

次に気になるのは、冥王星冥王星、木星木星、天王星天王星の激しい配置(Tスクエア)ですが、これは今まで少なくとも200年くらいの期間をかけて出来上がって来た世界のシステムが激しく壊れて再構築されるような状況が、更にガンガン加速するだろうという天体配置。 また、土星土星、火星火星90度や土星土星、金星金星90度などは、今までのシステムを止める、関わっていた人を切ってゆくなどいわゆる革命にともなう粛清を表していて、この星回りもなかなかすごい配置です。

終わってゆくものもありますが、土星土星、天王星天王星120度は替わりに新しいものも生まれて来ますという意匠で、前述の木星木星、天王星天王星が壊すと同時に作り直しますという流れになります。

また、月月、水星水星、海王星海王星で2等辺三角形ができています、これはこの政権の実務能力は非常に高くパワフルでもあることを表しています。世間では、トランプ政権に否定的な意見も沢山あるようですが、彼の当選は歴史の必然という感じがします。そして、この政権はもうすぐやってくるアメリカの冥王星回帰(建国図の冥王星の位置にリアルに天空を移動中の冥王星が重なってくること:米国の「破壊と再生」のプロセス)への伏線であろうと思います。

ここまで来たら、トランプさんには人類の歴史をできるだけ理想的な方向(再生のための破壊)へ進めるように頑張っていただきたいです。 また、そのうち、日本も米国の影響をうけて大きな変化の波をかぶることになると思うので、それまでにまともな選択のできる国になっていてもらいたい!と強く願います。

 

 


総合インデックスへ    このページのトップへ






屋久島旅行記

25日から屋久島行ってきました。

屋久島到着 宮之浦岳です。

 

朝のスタートは、益救神社(やくじんじゃ)にお参りして山の神さまにご挨拶

正面が宮之浦港、背中に宮之浦岳を背負い、奥の宮は宮之浦岳というからご神体は屋久島の山全体という神さまです。

ちょうど結婚式で黒留袖のお着物の方たちが美しい地方の伝統的な風景なのかなぁ はじめて見る景色。

縁起は1100年前 醍醐天皇の時代までさかのぼれる由緒正しき神社です。

 

白谷雲水峡のくぐり杉くぐってます 願いが叶うんだそうな

3時間かけて登った太鼓岩でしたが、あいにくの濃霧 何も見えずかわりに異次元のドアが開いてしまったような不思議なスポットになっておりました。 ちょっと怖かったので早々に引き返すことに。 良くも悪くも屋久島は水のエネルギーの強い場所 目に見えないアストラスの入口も上から下までパワースポット的なところには開いている感じです。
 わたしは火のエネルギーのほとんどない土地は苦手ですかねぇ。今回はお天気も悪くて太陽のパワー不足だったし。 島に降り立ってから聞く話は墓と家の話ばかり、今回アプローチした方角が悪かったかも、仕事で屋久島行けるで盛り上がり欲張っちゃったようです。 山登ってても厳しい山で屋久杉を切りだしていた昔の人たちの大変さばかり気になってしかたありませんでした。ちょっとヤバかった。 早く桜島の見える家に帰りたいと思ってしまった。。わたしには火山のある霧島連山があってますね。 

ネタですが、一緒に登ってきた韓国人の女の子たちがポケモンのアプリを立ち上げたところ太鼓岩の上にもポケモンは居ました! なんか現実では濃霧で何も見えないのにバーチャルな世界ではモンスターが!こんな場所にまで なぜ? シュールな感じでしたが、現実で写真撮っても面白いものは何も写らないので、P-Goのスクリーンショットを記念に撮ってみることに。

一応、太鼓岩踏破の目標達成でピース! 結構ヨレヨレです。

 

気を取り直して、いなか浜 うみがめ上陸北半球一 日本の美しい浜辺17選にはいっているらしい。 確かに美しい浜辺です。

花崗岩のかけらからできている美しい砂浜です。ところにより水晶の気配も

 

西部林道という一車線のみの林道ではお約束のヤクジカとヤクザルの群れに出会いました。 この子は若い雄、まだ角が小さい 鹿もサルもヒナビタ感じの種類です。 日光のサル軍団とかみたいに狂暴そうな子はいません。 鹿も小ぶりで角も小さく全体に地味で大人しいです。 この島は本来 地味な島なんだと思います。 

 

大川の滝(おおこのたき)です。 これはさすがに水の島 立派です。 もう少し先のモツチョム岳という山では山のほぼ中腹から滝が流れ落ちていてすごい景色でした。 やっと観光らしい雰囲気になってきました。 

この後、そらうみで超美味しいフルーツジェラートを頂き、お友達に頼まれたマムズキッチンの塩クッキーを買い帰路に、なかなかシュールな旅でした。

 

 

 


総合インデックスへ    このページのトップへ






トランプさんってどんな人? アメリカはなぜ彼を選んだ?

いやぁ、アメリカの大統領選挙うすうす予感はありましたが、ついにトランプ大統領の誕生です。 

日本では彼はトンデモない人としか情報がはいってこなかったので、トランプさんのチャートから彼ってどんな人?なんで勝てたの?を占星術の視点から見てみたいと思います。

 

☆トランプさんの出生図 

※この占星術ソフトだと出生時間が自動調整できないので日本時間に直してあります (ホントは、1946/6/14 10:54 NY生まれAstrodienst DataBankより)

〜仍匣造梁斥曄⊆夕蟶造侶遒180度配置で満月の寸前(2時間位)に生まれているので、まさに満を持して生まれてきた感じ。このチャートの円環の上方にある太陽によりそう天王星(天王星)は改革者であり破壊者と変人の象徴。しかもその対面にある月は射手座なので、超イケイケ拡大志向の性格です。また、人生の出発地点を表すアセンダントは獅子座最後の度数30度、そこに火星がほぼ同じ位置にあり、これもカリスマ性と超越オレサマ的な性格で、そこに火星の勢いが加わって産声をあげた直後からブイブイいわせていたような人です。

∩仍匣造梁斥曚伴夕蟶造侶遒魴襪崋瓦魘νするピンク色の三角形が2つできていますが、これは多彩な営業的才能をもっていてビジネスマンとして精力的に活動している人だということがわかります。双子座の太陽は、子供で言うとちょうど歩き始めたばかりの2歳児の心理状態で、見るもの聞くもの世界はワンダーに満ちているっていう人なので、こおいう人は生活がマンネリになったりすると生きてゆけません。よって奥さんが3人目とか女性問題が絶えないとかも納得です。まぁ、見たまんまのトランプさんを象徴する星回りです。

ブルーの線の蟹座の水星(水星)からは、彼の言動の傾向がわかりますが、「自分の」家族、「自分の」会社、「自分の」国がいつも中心で自分が身内と認めた人には超優しいけど他の人は無視っていうような感じです。でも、彼の家族、会社、国を守るって発言は、水星の90度の位置にいる天秤座の海王星(海王星)によってほとんどがリップサービス(彼の発言の基本は相手を喜ばしたい玉虫発言)なので当てにならないと思っておいた方がいいかと。。(そういえば同じような蟹座、天秤座90度の天体配置を日本の安倍さんも持っていて、本人は悪気はないんだろうけど彼のいう事も当てにできません。この点はトランプさんとよく似た感じなので2人の会話は狐とタヌキの騙し合いみたいになっちゃいそう。)政治の人なので文書とか公約になってるモノはまた別扱いでしょうが。。

こ座の金星(金星)に土星(土星)がほぼ同じ位置にあり、他の天体と手をつなぐことなく孤立しています。 これは家族の凝集性が他の家族よりとても高く、また家族の財産を他の人に触れさせないように守る金庫番みたいな役目を果たしている人だと思います。この内に内に財産を囲い込むような星回りは、彼のグローバルからローカル路線への方向性と一致しています。また、自国の利益を優先するという発言はアメリカの建国図の蟹座の水星とトランプさんの土星、金星とほぼ同じ位置にあるので、アメリカ国民にとっては彼が自国の言論を代弁してくれる人と見えたのも今回の勝因と思われます。今回の選挙では、この金庫から物凄く散財するってリスクをおかしたので、当選しなかったらマズイ状況になっていたかもしれません。 当選したので財政はなんとかなりそうですが、家族のマンパワーを政治に投入しようとしているので、家族にとってはある種の危機的状況が訪れているかもしれません。 3男のバロンとか結構いい迷惑かも

ぅ肇薀鵐廚気鵑離廛蹈哀譽垢梁斥曚倭挙の時点で乙女座に入ったばかりです。これは今まで30年間プログレスの太陽は獅子座にいてオレ様人生を謳歌していましたが、オレ様人生のシンボルになる確固たる実績を残したいと思いはじめたのだと思います。その結果が大統領選挙への出馬で今回は見事に当選しました。強運の持ち主ですねぇ。

 

結論しとしては、トランプさんは永遠の2歳児のような人で、いつも好奇心満々イキイキした世界を生きており自分の好きなことブイブイいわせながらやってきた人です。トランプショックの方に慰めにはならないかもしれないけど、彼は猟奇的とか意地悪とかの陰湿さはないのでそおいう点は安心できる人だと思います。かたや、自分が何をすれば楽しいか何を食べれば美味しいかとか人生の基本的喜びを全くわかっていないようなヒラリーさんのチャートはものすごく寒い感じがします。トランプさんとは比較にならないくらい悲惨です。彼女はお父さんの厳しい躾によって「こう生きなければならない」っていう人格の殻(から)は強いけど表面だけで中身はスカスカです。人格の核になる部分が圧倒的に弱い人。巨大な権力との共依存でかろうじて威厳をたもっていたようなところが、有権者に説得力なかったのだと思います。わたしの個人的意見ですが、ヒラリーさんには女にだらしない夫を首にしてウォール街や医産複合体との共依存関係を清算し自分の魂の本質探しの旅に出て欲しいです。もし彼女がそおいう選択ができたなら、わたしは個人的にものすごく彼女を尊敬します。

 

 

☆アメリカ建国図 開票結果のでた時 '16/11/9 16:45 日本時間
(建国図は、1776/7/4 17:10 フィラデルフィアで作成 Astrodienst DataBankより)

開票結果がでたときアメリカという国の運勢はどうなっていたかというと、

〃国図の冥王星(冥王星)にリアルに天空を移動中の冥王星がもうすぐ重なろうとしている。これは、冥王星のテーマの「破壊と再生」にまつわるエピソードがアメリカに起こって来ている事を表していて、ぴったり重なるのは2022年位からです。 スノーデンさんを取り逃がしちゃったとか、ISがすごい暴挙にでるようになっちゃったとか、今回の選挙とか、アメリカの再構築のさまざまなエピソードかと思われます。

⇔个了鯵儼舛魯▲瓮螢のプログレスの月が天王星の正面にきていて海王星とも90度です。しかもアセンダントに重なろうとしているので、アメリカの今までの30年が終わろうとしていて、新しい30年はガラッと変わってはじまることを示しています。しかも、この直角三角形の配置の星回りはリアルに天空を移動中の土星と海王星90度(被支配者層の反乱による権力者の転覆)に巻き込まれてスタートします。今回のトランプ勝利とかです。

上の図にはトランプさんの天秤座の海王星は出てきませんが、彼の海王星とアメリカ建国図の太陽とゆるく90度の配置なので、トランプさんがアメリカの今後を良くも悪くも大きく変えてゆくだろうと想像できます。 

い靴しながら、ピンクの線のプログレスの太陽(太陽)と建国図の太陽は120度、このアスペクトは今後10年くらい続くので、いろいろショックなことはあるかもしれないどアメリカが目指してる方向性は合ってるっていう流れになります。アメリカは学校でお世話になって大好きな人がたくさん居る国なので、どうぞ上手く変わっていってくださいと思います。

 

 

☆2022年のアメリカ冥王星回帰時期の太陽回帰図(独立記念日)

2022年は建国図の冥王星にリアルに天空を移動中の冥王星がぴったり重なり始めます。この位の時期から冥王星が水瓶座にサインを変えようとする時期も重なってきます。中国やロシアなど共産圏の国々に変化の波が押し寄せるようになるので、世界は更なる混乱の時期に突入します。 まだ先の話で不確実なことが多すぎるので詳細は書けませんが、アメリカの「破壊と再生」の物語はこの時期くらいからピークを迎えます。

まぁ、その前に、あと2年後2018年に天王星が牡牛座に入る時にも重要な出来事がなにか起こると思いますが、今地球上で暮らす人たちの意識の総和が起こることを最善から最悪までどのシナリオになるのか左右するので、人類ができるだけ最善の選択ができるように今は自分にできる事(新しい時代に備えること。わたしは新電力に電気会社を変えました。。)を粛々とする事と祈ることでしょうか。。

 

 


総合インデックスへ    このページのトップへ






10/1 新月

10月1日 9時11分に天秤座で新月になります。とくに天秤座や牡羊座、蟹座にご自身の重要天体がある方は真夏からつづいている緊張状態が少しづつ壊れていますが、良くも悪くもついにこの新月で大きくはじけるみたいになり最終段階をむかえます。

影響は次の新月10月31日までなので、10月は心機一転的、とくに天秤座や牡羊座、蟹座にご自身の重要天体がある方は新路線がはじまる人もいます。壊れたり変化したりすることは脱皮のための過程で長い目で見た場合、あの変化は良いことだったと思いだせると思います。

引き続き、テロやモラルハラスメントのような誹謗中傷の星回りは10月末とか11月半ばくらいまでつづきます。

いい感じにみえる10月の星回りは、趣味とか自分が好きなことに没頭して楽しむことができるとか、ラブが始まった人にはもの凄くロマンテックでラブラブな雰囲気の1ヶ月です。

今月は色々なエネルギーが動くので多少波乱はありそうですが、雨降って地固まる的な10月になりそうです。ドキドキではありますが、着地点は過去よりいい状況に行くと腹をくくって臨みたいと思いますパンチ

 

 


総合インデックスへ    このページのトップへ






9/1日蝕について

9月1日18時02分日蝕になります。日本では観測できませんが、3月の魚座で起こった日蝕の対面(といめん)乙女座で蝕になり、影響は来年2017年2月の次の日蝕まで半年間つづきます。

今回の日蝕は3月の日蝕と似たような天体配置ができます。17日の満月、10月1日の新月3連ちゃんで何かが「終わる」「切れる」「壊れる」「消える」とかいうような天体配置がつづきます。そうそう、スマップの解散とかもこの流れに乗ってガンガン進みます。3月の日蝕より今回はエネルギーが強いので、4月の熊本地震のような、何かが終わって新しい何かが始まるきっかけになるような事件が起こりやすくなります(全世界的に)地震みたいな自然災害ばかりではなく金融や政治の世界にも何か起こる可能性があります。アメリカの大統領選挙とかもヤバイかも。

★特に青い色の直角三角形がつくる天体配置は、やり場のない怒りを発散するテロリズムや日本で起きてる「○○であるべきだ」による品行方正モラル厳守主義みたいな強烈な他者批判とか、以前にも増してますます拍車がかかる感じです。

日蝕が実際に観測できるのはアフリカ大陸、インドネシアの南端とオーストラリア西岸なので、何か起こるとするれば観測できる地域からになりますが、この半年は日本でも事件があってもおかしくないと思います。ちょっと気が抜けない半年の始まりです。

しかしながら、ピンク色の三角形でできる天体配置をみてみると、この変化は長い目でみれば21世紀の新時代への一過程、古いものがガラガラポンして根本的に新しくなる長いプロセスの一つのエピソードだということ。そしてそれは結果として良い変化だということ。

「秋に時代がガラッと変わってしまうってホントですか?」って最近よく聞かれますが、この半年間くらいの短い期間にガラッと変わることはあり得ないと思うんですよね。そんな急に物事が展開したら地球のシステムがもたない。 

これから半年の間に何かあるかもしれないけど、こおいうことがあと五十年間くらいいろいろなエピソードを繰り返して、将来から振り返ったらあの頃を思えば変わったよねっていうような、長い長いプロセスだと思います。よって映画のディープインパクトみたいなのはないなぁ。 シンゴジラ(あれが原発事故の比喩だったとしたら)はもうすでに起きてるエピソードの1つ。。



日蝕から話は離れますが、★9日の深夜には、約1年間乙女座を運行していた木星が天秤座に入ります。 天秤座は対人関係を積極的に求める星座、そこに物事を盛り上げる木星が入るので、来年の秋くらいまでの1年間社交的な気分が膨らみます。 妙齢の方々には結婚、ばりばりビジネスマンの方々は自分たちがより有利にプレイできる技を持った人とのコラボレーションに積極的な気分になったりします。

人との縁作りの裏バージョンとしては、木星の影響で圧力が高まる反動で縁が破れるケースとか秘められた関係性への発展とかも起こります。

まぁちょっとぬるいですけど、星読みからのアドバイス、この半年を悪縁や悪い習慣と縁を切る機会ととらえて、新しい良縁やよりよい習慣を身に着けられたらすごく理想的です。成長のために自分の殻を破るのだぁ ゆう★

クローバー PR
イオン鹿児島のジュウジヤカルチャーセンターで講座 始めます。
2日間で占星術の入門講座です。

※休日か平日の日程からお選びください。
(休日)9月11日、25日 14時〜16時
(平日)9月13日、27日 14時〜16時

http://culture.jeugia.co.jp/lesson_detail_58-26461.html

 

 


総合インデックスへ    このページのトップへ






8/3 新月

本日、新月です。獅子座でできる新月に射手座を運行中の土星が120度(トライン)です。 7月中はいろいろ変化ありましたが、次の9月の新月までの間、先月の変化が日常に浸透して安定してくること表しています。

しかしながら、新月の本日、火星が火のサイン射手座に入ってきたので、今月の雰囲気は「イケイケどんどん」「使えるものは何でも使って進撃だぁ」みたいな勢いの良すぎるところがあります。 早速、某北の方の国がミサイル発射したみたですが、ほんと射手座火星っぽい反応です。

「決まったこと決めたことは粛々(しゅくしゅく)とやってゆこうパンチおっー!」って感じです。

 

クローバー PR
8月14日(日)、19日(金) 「占星術のサインを学ぶ」 第2回の講座します。 サインと支配星と守護神、タロットカードや数秘の話などをしましたが、お陰さまで第1回目大変好評でした。ネットのスカイプラーニングも使えるので遠隔地の方もどうぞ
1回お試し受講もOK  1回目聞き逃した方も今なら補講できるので ぜひ!
http://office.heartquest.jp/?eid=48

 


総合インデックスへ    このページのトップへ






7/20 満月

明日20日鹿児島の満月図(有効期限8月3日新月まで)は、7月4日の新月で目の前にぶら下げられた「変らなくちゃっていう課題」にいろいろ懸念材料はあるけど納まるところに納めてカタをつける満月です(満月ラインと天王星を結んで直角三角形ができている)。 
見切り発車とか無理やり決めた方向性でも、始めるって決めたので、結構やる気になって前へ進めそうです(同じく満月ラインと火星を結んでピンク色のハーモニックな三角形ができている)



「とにかく前へ進まないと」が合言葉です。 いけるところまで頑張るのだ手






総合インデックスへ    このページのトップへ






7月4日 新月

本日20時 蟹座で新月です。東京でチャートをつくると東の地平線は水瓶座の1度から始まります。そこから次にエネルギーが流れるのは支配星の天王星がある3ハウスの入口、この意味は水瓶座の「未来のために改革と変化」をです。新月テーマの有効期限は8月3日次の新月まで

10日には選挙があるのですが、この変化の流れが「改憲」方面に流れるか、それとも現状にとどまれるか微妙なところです。射手座土星、魚座海王星、乙女座木星の柔軟宮にある3つの天体、柔軟宮はちょっとしたきっかけでガラリと状況が変わるサイン。選挙とか最後までなにがあるかわからないです。

チャートの一番高い位置には蠍座の火星があるので力で押し切る的感じが目立ちます。 蟹座の金星は天王星と90度 国や個人の経済環境に良い方向悪い方向に激変があるケースがままありそうです。 

先日の満月&夏至あたりから蟹座のテーマの「家族や国、仲良しチームの線をどこで引くか問題」で誰が友達で誰と付き合うか、仕事で誰と組むか組まないか、グループだったら誰が仲間で誰がそうじゃないのか、家族になるならこの人とかこの人は家族じゃないとか、最近の事例だとイギリスのEU離脱問題とかいろいろな局面で喧々諤々でしたが、今日の新月でやっと線引きができて決着がつきはじめる感じです。 

今月は「一緒にがんばる仲間は決まったから、ここから先に進むためにリスクをとっても変化しないと」がテーマでしょうか。 ちょっと怖いですが「新しい環境に適応しなくちゃ!とにかくやってみるしかない!」という感じかな

 

  


総合インデックスへ    このページのトップへ